ハードウェアを設置

ストレージ システムは、2ポスト ラックまたはネットアップ システム キャビネットのいずれかに設置します。

開始する前に

手順

  1. ハードウェアを開梱します。
    箱から中身を取り出し、納品書と照合して確認します。作業を開始する前にすべての指示に目を通してください。
  2. レールを取り付けます。
    ラックマウントハードウェアに付属している場合は、付属の取扱説明書を参照して、レールの取り付け方法を確認してください。レールの手順については、 E シリーズドキュメントセンターの docs.netapp.com/ess-11/index.jsp にあるハードウェアの設置とアップグレード >> ラックマウントハードウェアの設置を参照してください。
    注: 転倒を防ぐために、ラックまたはキャビネットの下から順にハードウェアを設置してください。

    ラック マウント ハードウェアに手順書が付属している場合は、記載されているレールの取り付け方法を参照してください。

    注: SuperRailの取り付け手順をオンラインで確認するには、AFF / FASシステムのドキュメント センターを参照してください。
  3. シェルフを設置します。
    注: 注意:ドライブがすべて搭載されている場合、各シェルフの重量は約 29kg ( 64 ポンド)です。シェルフを安全に移動するには、 2 名で運搬するかリフト機を使用してください。
    1. キャビネットの底部に取り付けるシェルフから始めて、シェルフの背面(コネクタ側)をレールに取り付けます。
    2. シェルフを底から支えながら、キャビネットにスライドさせます。
  4. シェルフを固定します。
    ラックマウントハードウェアの手順に従って、シェルフをラックに固定します。

    詳細については、ラック マウント ハードウェアの手順書を参照してください。

    • シェルフの両側の上から1つ目と3つ目の穴にネジを差し込み、キャビネットの前面に固定します。
    • シェルフの背面上部の両側に2つの後部ブラケットを配置します。各ブラケットの1つ目と3つ目の穴にネジを差し込み、キャビネットの背面を固定します。
  5. ベゼルまたはエンドキャップを取り付けます。
    1. 各端の穴がコントローラシェルフの固定具と揃うように、前面ベゼルをコントローラシェルフの前面に配置します。
    2. ベゼルを所定の位置にはめ込みます。
    3. オプションのドライブシェルフがある場合は、エンドキャップの穴がシェルフの左側にあるファスナーに揃うように、左側のエンドキャップをドライブシェルフの前面に配置します。
    4. エンドキャップを所定の位置にはめ込みます。
    5. 右側のエンドキャップについて、上記の手順を繰り返します。