ケーブルを接続します

電源ケーブルを接続し、ドライブ シェルフの電源をオンにします。

開始する前に

手順

  1. シェルフをケーブル接続する

    構成に応じてシステムをケーブル接続します。ここではいくつかの例を示します。その他のケーブル オプションについては、『ハードウェア ケーブル接続ガイド』を参照してください。

    E シリーズハードウェアのケーブル接続

    このセクションに示す例では、次のケーブルが必要です。
    SASケーブル
    表 1. 例 A :コントローラシェルフと 3 台のドライブシェルフをケーブル接続
    1. コントローラAを1台目のドライブ シェルフのIOM Aにケーブル接続します。
    2. 1台目のドライブ シェルフのIOM Aを2台目のドライブ シェルフのIOM Aにケーブル接続します。
    3. 2 番目のドライブシェルフの IOM A を 3 番目のドライブシェルフの IOM A にケーブル接続します。
    4. コントローラ B を 3 台目のドライブシェルフの IOM B にケーブル接続します。
    5. 2 番目のドライブシェルフの IOM B を 3 番目のドライブシェルフの IOM B にケーブル接続します。
    6. 1台目のドライブ シェルフのIOM Bを2台目のドライブ シェルフのIOM Bにケーブル接続します。

    例 A :標準的な SAS 構成の DE212C / DE224 ディスクシェルフが 3 台搭載された E5700 コントローラシェルフ

    表 2. 例 B :コントローラシェルフと 1 台のドライブシェルフをケーブル接続します。
    1. コントローラAをIOM Aにケーブル接続します。
    2. コントローラBをIOM Bにケーブル接続します。

    例 B :標準の SAS 構成の DE212C / DE224 ディスクシェルフが 1 台搭載された E5700 コントローラシェルフ

  2. ドライブ シェルフの電源を投入する

    次のケーブルが必要です。

    電源ケーブル
    注意:
    ドライブシェルフの電源スイッチがオフになっていることを確認する。
    1. 各シェルフの2本の電源ケーブルを、キャビネットまたはラック内の別々の配電ユニット(PDU)に接続します。
    2. ドライブ シェルフがある場合は、それらの2つの電源スイッチを先にオンにします。2分待ってからコントローラ シェルフの電源をオンにします。
    3. コントローラ シェルフの2つの電源スイッチをオンにします。
    4. 各コントローラのLEDとデジタル表示ディスプレイを確認します。

      ブート時、デジタル表示ディスプレイがOS、Sd、消灯の順に切り替わっている間は、コントローラが一日の開始(start-of-day)処理を実行中です。コントローラがブートすると、シェルフIDが表示されます。

    例:シェルフ背面の電源接続