FCからiSCSIへの変換後の処理

すべてのホスト ポートをFCからiSCSIに変換した場合は、iSCSIネットワークを設定する必要があります。

手順

  1. スイッチを設定します。
    iSCSIトラフィックの転送に使用するスイッチの設定については、ベンダーのiSCSIに関する推奨事項に従ってください。これには、設定の指示に加え、コードの更新も含まれることがあります。
  2. SANtricity System Managerで、[ハードウェア] > [iSCSI ポートの設定]を選択します。
  3. ポートの設定を選択します。
    iSCSIネットワークは、さまざまな方法で構成することができます。環境に応じた最適な構成を選択するには、ネットワーク管理者に相談してください。
  4. SANtricity System Managerでホストの定義を更新します。
    注:ホストまたはホスト クラスタを追加する手順を確認する必要がある場合は、SANtricity System Managerのオンライン ヘルプを参照してください。
    1. [ストレージ] > [ホスト]を選択します。
    2. ポートを関連付けるホストを選択し、[設定の表示 / 編集]をクリックします。
      [ホスト設定]ダイアログ ボックスが表示されます。
    3. [ホスト ポート]タブをクリックします。
    4. [追加]をクリックし、[ホスト ポートの追加]ダイアログ ボックスを使用してホストに新しいホスト ポート識別子を関連付けます。
      ホスト ポート識別子名の長さは、ホスト インターフェイスのテクノロジによって決まります。FCのホスト ポート識別子名は16文字です。iSCSIのホスト ポート識別子名は最大223文字です。ポートは一意である必要があります。すでに設定されているポート番号は使用できません。
    5. [削除]をクリックし、[ホスト ポートの削除]ダイアログ ボックスを使用してホスト ポート識別子を削除(関連付け解除)します。
      [削除]オプションではホスト ポートが物理的に削除されるわけではありません。ホスト ポートとホストの間の関連付けが削除されます。ホスト バス アダプタまたはiSCSIイニシエータを削除しないかぎり、ホスト ポートは引き続きコントローラで認識されます。
    6. [保存]をクリックして、ホスト ポート識別子の設定の変更を適用します。
    7. 同じ手順を繰り返して、すべてのホスト ポート識別子の追加と削除を行います。
  5. LUNが正しく検出されるように、ホストをリブートするか再スキャンを実行します。
  6. ボリュームを再マウントするか、ブロック ボリュームの使用を開始します。