ホスト プロトコルの変更に関する考慮事項

ホスト プロトコルを変更する際の考慮事項は、ベースボード ホスト ポートおよびHICポートの変換前と変換後のプロトコルによって異なります。

ミラーリング機能やData Assurance(DA)機能を使用している場合は、ホスト ポート プロトコルの変更によってそれらの機能にどのような影響があるかを理解しておく必要があります。

注:ここで示す考慮事項は、すでに使用中のストレージ アレイを変換する場合にのみ適用されます。ホストやボリュームがまだ定義されていない新しいストレージ アレイを変換する場合は適用されません。

FCからiSCSIへの変換

iSCSIからFCへの変換

FCからFC / iSCSIへの変換

ミラーリングに関する考慮事項
  • ミラーリングに使用されているストレージ アレイのポートがFCポートのみでその一部をiSCSIに変換する場合は、どのポートがミラーリングに使用されているかを特定する必要があります。
  • 変換後にローカルとリモート両方のストレージ アレイにアクティブなFCポートが少なくとも1つあればよく、ローカル ストレージ アレイとリモート ストレージ アレイのポートを同じプロトコルに変換する必要はありません。
  • ミラー関係に使用されているポートを変換する場合は、機能パックを適用する前に同期または非同期のミラー関係をすべて非アクティブ化する必要があります。

    同期ミラーリングはiSCSIではサポートされません。

  • ミラーリングに使用されていないポートを変換する場合は、非同期ミラーリング処理には影響はありません。
  • 機能パックを適用する前に、すべてのミラー整合性グループが同期されていることを確認してください。機能パックを適用したら、ローカル ストレージ アレイとリモート ストレージ アレイの間の通信をテストします。
Data Assuranceに関する考慮事項
  • Data Assurance(DA)機能はiSCSIではサポートされません。

    データ アクセスが中断しないようにするため、機能パックを適用する前にホスト クラスタでDAボリュームの再マッピングや削除が必要になる場合があります。

    構成 実行する手順

    デフォルト クラスタにDAボリュームがある

    デフォルト クラスタのすべてのDAボリュームを再マッピングします。
    • DAボリュームをホスト間で共有しない場合は、次の手順を実行します。
      1. FCホスト ポートのセットごとにホスト パーティションを作成します(作成していない場合)。
      2. DAボリュームを適切なホスト ポートに再マッピングします。
    • DAボリュームをホスト間で共有する場合は、次の手順を実行します。
      1. FCホスト ポートのセットごとにホスト パーティションを作成します(作成していない場合)。
      2. 適切なホスト ポートを含むホスト クラスタを作成します。
      3. DAボリュームを新しいホスト クラスタに再マッピングします。
        注:この方法により、デフォルト クラスタに残っているボリュームへのボリューム アクセスがなくなります。

    FCのみのホストを含むホスト クラスタにDAボリュームがあり、iSCSIのみのホストを追加する予定である

    次のいずれかの方法で、クラスタに含まれるすべてのDAボリュームを削除します。

    注:このシナリオでは、DAボリュームを共有することはできません。
    • DAボリュームをホスト間で共有しない場合は、すべてのDAボリュームをクラスタ内の個々のFCホストに再マッピングします。
    • iSCSIのみのホストを専用のホスト クラスタに分離し、FCホスト クラスタはそのまま残します(DAボリュームを共有)。
    • iSCSIのみのホストにFC HBAを追加して、DAボリュームとDAが有効でないボリュームの両方を共有できるようにします。

    DAボリュームがFCのみのホストを含むホスト クラスタにある、またはDAボリュームが個々のFCホスト パーティションにマッピングされている

    機能パックを適用する前に必要な処理はありません。DAボリュームはそれぞれのFCホストにマッピングされたままになります。

    パーティションが定義されていない

    マッピングされているボリュームがないため、機能パックを適用する前に必要な処理はありません。ホスト プロトコルの変換後、該当する手順に従ってホスト パーティションを作成し、必要に応じてホスト クラスタも作成します。

iSCSIからFC / iSCSIへの変換

  • ミラーリングに使用されているポートを変換する場合は、iSCSIのまま変換しないポートにミラーリング関係を移動する必要があります。

    そうしないと、ローカル アレイの新しいFCポートとリモート アレイの既存のiSCSIポートでプロトコルが異なるため、変換後に通信リンクが停止する可能性があります。

  • ミラーリングに使用されていないポートを変換する場合は、非同期ミラーリング処理には影響はありません。

    機能パックを適用する前に、すべてのミラー整合性グループが同期されていることを確認してください。機能パックを適用したら、ローカル ストレージ アレイとリモート ストレージ アレイの間の通信をテストします。

FC / iSCSIからFCへの変換

FC / iSCSIからiSCSIへの変換

ホスト プロトコルが同じ場合のミラーリング処理

ミラーリングに使用されるホスト ポートのプロトコルが機能パックの適用後に同じであれば、ミラーリング処理には影響はありません。

それでも、機能パックを適用する前に、すべてのミラー整合グループが同期されていることを確認してください。

機能パックを適用したら、ローカル ストレージ アレイとリモート ストレージ アレイの間の通信をテストします。方法については、SANtricity System Managerのオンライン ヘルプを参照してください。