FCからFC / iSCSIへの変換後の処理

FCホスト ポートのみを使用していた環境で、そのうちの一部のポートをiSCSIに変換した場合は、iSCSIをサポートするために既存の設定の変更が必要になることがあります。

タスク概要

新しいiSCSIポートを使用するには次のいずれかのオプションを使用します。具体的な手順は、現在および計画しているネットワーク トポロジによって異なります。

オプション1は、新しいiSCSIホストをアレイに接続する場合です。オプション2は、変換したポートに接続されているホストをFCからiSCSIに変換する場合です。

オプション1:FCホストを移動して新しいiSCSIホストを追加する

手順

  1. FCホストを新しいiSCSIポートからFCのまま残すポートに移動します。
  2. デュアルプロトコルSFPを使用していない場合は、FC SFPをすべて取り外します。
  3. 新しいiSCSIホストを上記のポートに直接またはスイッチを使用して接続します。
  4. 新しいホストおよびポートに対してiSCSIネットワークを設定します。手順については、Linuxの簡単な設定Windowsの簡単な設定、またはVMwareの簡単な設定を参照してください。

オプション2:FCホストをiSCSIに変換する

手順

  1. 変換したポートに接続されているFCホストをシャットダウンします。
  2. 変換したポートのiSCSIトポロジを構成します。たとえば、スイッチをFCからiSCSIに変換します。
  3. デュアルプロトコルSFPを使用していない場合は、FC SFPを変換したポートから取り外してiSCSI SFPまたはデュアルプロトコルSFPに交換します。
  4. 変換したポートのSFPにケーブルを接続し、ケーブルが正しいiSCSIスイッチまたはホストに接続されていることを確認します。
  5. ホストの電源をオンにします。
  6. NetApp Interoperability Matrix Toolを使用してiSCSIホストを設定します。
  7. ホスト パーティションを編集し、iSCSIホスト ポートIDを追加してFCホスト ポートIDを削除します。
  8. iSCSIホストのリブート後、ボリュームを登録してオペレーティング システムで使用できるようにするための手順を各ホストで実行します。
    • オペレーティング システムに応じて、ストレージ管理ソフトウェアには2つのユーティリティ(hot_addおよびSMdevices)が含まれています。これらのユーティリティを使用してボリュームをホストに登録できるほか、ボリュームに該当するデバイス名を確認することもできます。
    • オペレーティング システムに付属の特定のツールやオプションを使用して、ボリュームを使用できるようにする(ドライブ文字の割り当て、マウント ポイントの作成など)必要がある場合があります。詳細については、ホスト オペレーティング システムのドキュメントを参照してください。