コントローラ シェルフの電源をオフにする(シンプレックス)

シンプレックス構成の場合、障害が発生したバッテリを安全に取り外せるように、コントローラ シェルフの電源をオフにする必要があります。この手順を開始する前に、構成をバックアップし、サポート データを収集しておく必要があります。そのあと、ホストI/O処理を停止し、コントローラ シェルフの電源をオフにすることができます。

開始する前に

タスク概要

このタスクは、コントローラが1台のストレージ アレイ(シンプレックス構成)でのみ実行します。

手順

  1. ストレージ アレイの構成データベースをバックアップします。
    コントローラを取り外す際に問題が発生した場合は、保存したファイルを使用して構成をリストアできます。
    1. 管理ステーションで、SANtricity Storage ManagerのEnterprise Management Window(EMW)を開きます。
    2. ストレージ アレイを選択します。
    3. [Tools] > [Execute Script]を選択します。
    4. テキスト ボックスに次のコマンドを入力します。
      save storageArray dbmDatabase sourceLocation=onboard contentType=all file="filename";
      filenameには、データベースの保存先となるファイル パスとファイル名を指定します。ファイル名は二重引用符(" ")で囲みます。次に例を示します。
       file="C:\Program Files\CLI\logs\dbmdata.zip" 

      ファイル拡張子は自動で付加されません。ファイル名にはファイル拡張子を指定する必要があります。

    5. [Tools] > [Verify and Execute]を選択します。
  2. SANtricity System Managerを使用してストレージ アレイのサポート データを収集します。
    1. [サポート] > [サポート センター] > [診断]を選択します。
    2. [サポート データの収集]を選択します。
    3. [収集]をクリックします。

    ブラウザのDownloadsフォルダに、support-data.7zという名前でファイルが保存されます。

  3. ストレージ アレイと接続されているすべてのホストの間でI/O処理が発生しないようにします。たとえば、次の手順を実行します。
    • ストレージからホストにマッピングされたLUNに関連するすべてのプロセスを停止します。
    • ストレージからホストにマッピングされたLUNに対するアプリケーションによるデータの書き込みを停止します。
    • アレイのボリュームに関連付けられているファイルシステムをすべてアンマウントします。
    注:ホストI/O処理を停止する具体的な手順はホスト オペレーティング システムや構成によって異なり、ここでは説明していません。環境に応じたホストI/O処理の停止方法がわからない場合は、ホストをシャットダウンすることを検討してください。
    注意:データ損失の可能性 - I/O処理の実行中にこの手順を続行すると、データが失われる場合があります。
  4. キャッシュ メモリ内のデータがドライブに書き込まれるまで待ちます。
    キャッシュされたデータをドライブに書き込む必要がある場合は、コントローラの背面にある緑のキャッシュ アクティブLEDが点灯します。このLEDが消灯するまで待ちます。
  5. SANtricity System Managerのホーム ページで、[実行中の処理を表示]を選択します。
  6. すべての処理が完了したことを確認してから、次の手順に進みます。
  7. コントローラ シェルフの両方の電源スイッチをオフにします。
  8. コントローラ シェルフのすべてのLEDが消灯するまで待ちます。

終了後の操作

障害が発生したバッテリの取り外しに進みます。