コントローラをオフラインにする(デュプレックス)

デュプレックス構成の場合、障害が発生したバッテリを安全に取り外せるように、該当するコントローラをオフラインにする必要があります。この手順を開始する前に、構成をバックアップし、サポート データを収集しておく必要があります。そのあと、該当するコントローラをオフラインにすることができます。

開始する前に

タスク概要

このタスクは、コントローラが2台のストレージ アレイ(デュプレックス構成)でのみ実行します。

手順

  1. SANtricity System ManagerのRecovery Guruで詳細を確認し、バッテリに関する問題が報告されていること、および先に対処する必要がある項目がほかにないことを確認します。
  2. Recovery Guruの[詳細]領域で、交換が必要なバッテリを特定します。
  3. ストレージ アレイの構成データベースをバックアップします。
    コントローラを取り外す際に問題が発生した場合は、保存したファイルを使用して構成をリストアできます。
    1. 管理ステーションで、SANtricity Storage ManagerのEnterprise Management Window(EMW)を開きます。
    2. ストレージ アレイを選択します。
    3. [Tools] > [Execute Script]を選択します。
    4. テキスト ボックスに次のコマンドを入力します。
      save storageArray dbmDatabase sourceLocation=onboard contentType=all file="filename";
      filenameには、データベースの保存先となるファイル パスとファイル名を指定します。ファイル名は二重引用符(" ")で囲みます。次に例を示します。
       file="C:\Program Files\CLI\logs\dbmdata.zip" 

      ファイル拡張子は自動で付加されません。ファイル名にはファイル拡張子を指定する必要があります。

    5. [Tools] > [Verify and Execute]を選択します。
  4. SANtricity System Managerを使用してストレージ アレイのサポート データを収集します。
    1. [サポート] > [サポート センター] > [診断]を選択します。
    2. [サポート データの収集]を選択します。
    3. [収集]をクリックします。

    ブラウザのDownloadsフォルダに、support-data.7zという名前でファイルが保存されます。

  5. コントローラがオフラインでない場合は、SANtricity System ManagerまたはEnterprise Management Window(EMW)のスクリプト エディタを使用してオフラインにします。
      1. [ハードウェア]を選択します。
      2. 図にドライブが表示された場合は、[シェルフ背面を表示]をクリックしてコントローラを表示します。
      3. オフラインに切り替えるコントローラを選択します。
      4. コンテキスト メニューから[オフラインに切り替え]を選択し、処理を確定します。
      1. ローカル ホストでSANtricity Storage ManagerのEnterprise Management Window(EMW)を開きます。
      2. ストレージ アレイを選択します。
      3. [Tools] > [Execute Script]を選択します。
      4. テキスト ボックスに次のいずれかのコマンドを入力します。
        コントローラA: set controller [a] availability=offline
        コントローラB: set controller [b] availability=offline
      5. [Tools] > [Verify and Execute]を選択します。
  6. SANtricity System Managerでコントローラのステータスがオフラインに更新されるまで待ちます。
    注意:ステータスの更新が完了するまでは、他の処理を開始しないでください。

終了後の操作

障害が発生したバッテリの取り外しに進みます。