コントローラを交換する準備(デュプレックス)

コントローラ キャニスターを交換する準備として、交換用コントローラ キャニスターのFRUパーツ番号が正しいことを確認し、構成をバックアップし、サポート データを収集します。コントローラがオンラインの場合はオフラインにする必要があります。

タスク概要

このタスクでは、次のコントローラ シェルフのデュプレックス バージョン(コントローラが2台)でコントローラ キャニスターを交換する場合の準備手順について説明します。

このタスクは、コントローラが2台のストレージ アレイ(デュプレックス構成)でのみ実行します。

手順

  1. 新しいコントローラ キャニスターを開封し、静電気防止処置を施した平らな場所に置きます。
    梱包材は、障害が発生したコントローラ キャニスターを発送するときのために保管しておいてください。
  2. コントローラ キャニスターの背面にあるMACアドレスとFRUパーツ番号のラベルを確認します。

    MACアドレス:管理ポート1(「P1」)のMACアドレス。元のコントローラのIPアドレスがDHCPを使用して取得したアドレスである場合は、新しいコントローラに接続する際にこのアドレスが必要になります。

    FRUパーツ番号:この番号が現在取り付けられているコントローラの交換パーツ番号と一致している必要があります。

  3. SANtricity System Managerで、交換するコントローラ キャニスターの交換パーツ番号を確認します。
    コントローラで障害が発生していて交換が必要な場合は、Recovery Guruの[詳細]領域に交換パーツ番号が表示されます。この番号を手動で確認する必要がある場合は、次の手順を実行します。
    1. [ハードウェア]を選択します。
    2. コントローラのアイコンが付いたコントローラ シェルフを探します。
    3. コントローラのアイコンをクリックします。
    4. コントローラを選択し、[次へ]をクリックします。
    5. [基本]タブで、コントローラの[交換パーツ番号]の番号を書き留めます。
  4. 障害が発生したコントローラの交換パーツ番号が交換用コントローラのFRUパーツ番号と同じであることを確認します。
    注意:データ アクセスが失われる可能性 - 2つのパーツ番号が同じでない場合は、この手順は実行しないでください。また、障害が発生したコントローラ キャニスターにホスト インターフェイス カード(HIC)が搭載されている場合は、新しいコントローラ キャニスターにそのHICを取り付ける必要があります。コントローラやHICが一致していないと、新しいコントローラをオンラインにしたときにロックダウン状態になります。
  5. ストレージ アレイの構成データベースをバックアップします。
    コントローラを取り外す際に問題が発生した場合は、保存したファイルを使用して構成をリストアできます。
    1. 管理ステーションで、SANtricity Storage ManagerのEnterprise Management Window(EMW)を開きます。
    2. ストレージ アレイを選択します。
    3. [Tools] > [Execute Script]を選択します。
    4. テキスト ボックスに次のコマンドを入力します。
      save storageArray dbmDatabase sourceLocation=onboard contentType=all file="filename";
      filenameには、データベースの保存先となるファイル パスとファイル名を指定します。ファイル名は二重引用符(" ")で囲みます。次に例を示します。
       file="C:\Program Files\CLI\logs\dbmdata.zip" 

      ファイル拡張子は自動で付加されません。ファイル名にはファイル拡張子を指定する必要があります。

    5. [Tools] > [Verify and Execute]を選択します。
  6. SANtricity System Managerを使用してストレージ アレイのサポート データを収集します。
    1. [サポート] > [サポート センター] > [診断]を選択します。
    2. [サポート データの収集]を選択します。
    3. [収集]をクリックします。

    ブラウザのDownloadsフォルダに、support-data.7zという名前でファイルが保存されます。

  7. コントローラがオフラインでない場合は、SANtricity System ManagerまたはEnterprise Management Window(EMW)のスクリプト エディタを使用してオフラインにします。
      1. [ハードウェア]を選択します。
      2. 図にドライブが表示された場合は、[シェルフ背面を表示]をクリックしてコントローラを表示します。
      3. オフラインに切り替えるコントローラを選択します。
      4. コンテキスト メニューから[オフラインに切り替え]を選択し、処理を確定します。
      1. ローカル ホストでSANtricity Storage ManagerのEnterprise Management Window(EMW)を開きます。
      2. ストレージ アレイを選択します。
      3. [Tools] > [Execute Script]を選択します。
      4. テキスト ボックスに次のいずれかのコマンドを入力します。
        コントローラA: set controller [a] availability=offline
        コントローラB: set controller [b] availability=offline
      5. [Tools] > [Verify and Execute]を選択します。
  8. SANtricity System Managerでコントローラのステータスがオフラインに更新されるまで待ちます。
    注意:ステータスの更新が完了するまでは、他の処理を開始しないでください。
  9. Recovery Guruで[再確認]を選択し、[詳細]領域の[削除]フィールドに[はい]と表示されていることを確認します(このコンポーネントを安全に取り外せることを示します)。

終了後の操作

障害が発生したコントローラの取り外し(デュプレックス)に進みます。