ケーブル チェーンの取り付け

ドライブ ドロワーにドライブを安全に取り付けられるように、ケーブル チェーンを取り付ける必要があります。

開始する前に

タスク概要

ケーブル チェーンを取り付けるときは、ケーブル チェーンを取り外したときと逆の順序で作業します。チェーンの水平コネクタをエンクロージャの水平ガイド レールに挿入してから、チェーンの垂直コネクタをエンクロージャの垂直ガイド レールに挿入する必要があります。

手順

  1. ドライブ シェルフの背面から、右側のファン キャニスターを取り外して脇に置きます。
  2. シェルフの電源がオンになっている場合は、左側のファンの速度が最大まで上がっていることを確認します。
    注意:過熱による機器の破損の可能性 - シェルフの電源がオンになっている場合、同時に両方のファンを取り外さないでください。これに従わないと、機器が過熱状態になる可能性があります。
  3. 右のケーブル チェーンを取り付けます。
    1. 右のケーブル チェーンの水平コネクタと垂直コネクタ、およびエンクロージャ内部の対応する水平ガイド レールと垂直ガイド レールの位置を確認します。
    2. ケーブル チェーンの両方のコネクタを対応するガイド レールに合わせます。
    3. ケーブル チェーンの水平コネクタを水平ガイド レールに沿ってスライドし、動かなくなるところまで押し込みます。
      注意:機器の故障のリスク - コネクタはガイド レールに差し込んでスライドしてください。コネクタがガイド レールの上に載った状態になっていると、システムの運用時に問題が発生する可能性があります。
      次の図は、エンクロージャ内の2台目のドライブ ドロワー用の水平ガイド レールと垂直ガイド レールを示したものです。

      水平ガイド レール 垂直ガイド レール

    4. 右のケーブル チェーンの垂直コネクタを垂直ガイド レールに沿ってスライドします。
    5. ケーブル チェーンの両端を再接続したあと、ケーブル チェーンを軽く引っ張って、両方のコネクタが固定されていることを確認します。
      注意:機器の故障のリスク - コネクタが固定されていないと、ドロワーの動作中にケーブル チェーンが緩む可能性があります。
  4. 右側のファン キャニスターを再度取り付けます。ドライブ シェルフに電力が供給されている場合は、ファンの背面にある黄色のLEDが消灯し、背面からの通気が確保されたことを確認します。
    ファンを再度取り付けてから適正な速度に落ち着くまで、1分程度はLEDが点灯したままになることがあります。
  5. ドライブ シェルフの背面から、シェルフの左側にあるファン キャニスターを取り外します。
  6. シェルフの電源がオンになっている場合は、右側のファンの速度が最大まで上がっていることを確認します。
    注意:過熱による機器の破損の可能性 - シェルフの電源がオンになっている場合、同時に両方のファンを取り外さないでください。これに従わないと、機器が過熱状態になる可能性があります。
  7. 左のケーブル チェーンを再度取り付けます。
    1. ケーブル チェーンの水平コネクタと垂直コネクタ、およびエンクロージャ内部の対応する水平ガイド レールと垂直ガイド レールの位置を確認します。
    2. ケーブル チェーンの両方のコネクタを対応するガイド レールに合わせます。
    3. ケーブル チェーンの水平コネクタを水平ガイド レールに沿ってスライドし、動かなくなるところまで押し込みます。
      注意:機器の故障のリスク - コネクタはガイド レールに差し込んでスライドしてください。コネクタがガイド レールの上に載った状態になっていると、システムの運用時に問題が発生する可能性があります。
    4. 左のケーブル チェーンの垂直コネクタを垂直ガイド レールに沿ってスライドします。
    5. ケーブル チェーンの両端を再接続したあと、ケーブル チェーンを軽く引っ張って、両方のコネクタが固定されていることを確認します。
      注意:機器の故障のリスク - コネクタが固定されていないと、ドロワーの動作中にケーブル チェーンが緩む可能性があります。
  8. 左側のファン キャニスターを再度取り付けます。ドライブ シェルフに電力が供給されている場合は、ファンの背面にある黄色のLEDが消灯し、背面からの通気が確保されたことを確認します。
    ファンを再度取り付けてから両方のファンが適正な速度に落ち着くまで、1分程度はLEDが点灯したままになることがあります。

終了後の操作

ドライブ ドロワーの交換後の処理に進みます。