ホスト プロトコルの変更に関する考慮事項

ホスト プロトコルを変更する際の考慮事項は、ベースボード ホスト ポートおよびHICポートの変更前と変更後のプロトコルによって異なります。

ミラーリング機能やData Assurance(DA)機能を使用している場合は、ホスト ポート プロトコルの変更によってそれらの機能にどのような影響があるかを理解しておく必要があります。

注:ここで示す考慮事項は、すでに使用中のストレージ アレイを変更する場合にのみ適用されます。ホストやボリュームがまだ定義されていない新しいストレージ アレイを変更する場合は適用されません。

FCからiSCSIへの変換

iSCSIからFCへの変換

IB-iSERとIB-SRPの間の変更

ミラーリング処理には同じホスト プロトコルが必要

ミラーリングに使用されるホスト ポートのプロトコルが機能パックの適用後に同じであれば、ミラーリング処理には影響はありません。それでも、機能パックを適用する前に、すべてのミラー整合グループが同期されていることを確認してください。機能パックを適用したら、ローカル ストレージ アレイとリモート ストレージ アレイの間の通信をテストします。方法については、SANtricity System Managerのオンライン ヘルプを参照してください。

注:非同期ミラーリングと同期ミラーリングは、NVMe over Fabricsではサポートされません。非同期ミラーリングと同期ミラーリングを無効にするには、コマンドライン インターフェイスからdisable storageArray feature=asyncMirror or disable storageArray feature=syncMirrorを実行する必要があります。ミラーリングを無効にする方法の詳細については、CLIコマンド リファレンス オンライン ヘルプのDisable storage array featureミラーリング コマンドを参照してください。