設置を準備

EF300 または EF600 シリーズストレージシステムを設置するには、アカウントを作成してハードウェアを登録する必要があります。また、ストレージ システムに応じた適切な数とタイプのケーブルを準備し、ハードウェアの設置プロセスに必要なツール類を用意しておく必要があります。

手順

  1. mysupport.netapp.comでアカウントを作成してハードウェアを登録します。
  2. 次のものが同梱されていることを確認します。
    ドライブが取り付けられたシェルフ

    (ベゼルと背面カバーは取り外した状態)

    ラック マウント ハードウェア

    次の表は、同梱されている可能性のあるケーブルの一覧です。この表にないケーブルが含まれていた場合は、Hardware Universeを参照してケーブルを特定し、用途を確認してください。

    コネクタのタイプ ケーブルのタイプ 用途

    RJ-45イーサネット ケーブル

    (発注した場合)

    管理接続

    I/Oケーブル

    (発注した場合)

    データ ホストのケーブル接続
    電源ケーブル

    (発注した場合)

    ストレージ システムの電源
  3. 次のものを用意します。
    No.2プラス ドライバ
    懐中電灯
    静電気防止用ストラップ

    2Uラック スペース:次の寸法の2Uシェルフを格納できる標準の48.30cm(19インチ)ラック

    奥行:48.3cm(19.0インチ)

    :44.7cm(17.6インチ)

    高さ:8.48cm(3.34インチ)

    シェルフ:24ドライブ

    最大重量:27.4kg(60.5ポンド)

    注: 他社製のキャビネットを使用すると、電源ケーブルをコントローラに接続できないことがあります。

    サポートされているブラウザ(管理ソフトウェア用)