DIMMの取り外し

メモリ サイズが異なる場合は、コントローラのDIMMを交換する必要があります。

開始する前に

手順

  1. 1本の取り付けネジを外し、ふたを持ち上げてコントローラ キャニスターのカバーを取り外します。
  2. コントローラ内部の緑のLEDが消灯していることを確認します。
    この緑のLEDが点灯している場合は、コントローラがまだバッテリ電源を使用しています。このLEDが消灯するのを待ってから、コンポーネントを取り外す必要があります。
  3. コントローラでDIMMの場所を確認します。
  4. 交換用DIMMを正しい向きで挿入できるように、ソケット内のDIMMの向きをメモします。
    注: DIMMの下部にある切り欠きを使用してDIMMの位置を合わせます。
  5. DIMMの両側にある2つのツメをゆっくり押し開いてDIMMをスロットから外し、スライドして取り出します。



    注: DIMM回路基板のコンポーネントに力が加わらないように、DIMMの両端を慎重に持ちます。

    DIMMの数と配置は、システムのモデルによって異なります。

終了後の操作

新しいDIMMの取り付けに進みます。