ファン交換後の処理

ファンの交換が完了したら、新しいファンが正しく動作していることを確認します。その後、サポート データを収集し、通常の運用を再開することができます。

手順

  1. コントローラをオンラインにします。
    1. System Managerでハードウェア ページに移動します。
    2. [コントローラ背面を表示]を選択します。
    3. ファンを交換したコントローラを選択します。
    4. ドロップダウンリストから [ オンラインにする ] を選択します。
  2. コントローラのブート時に、コントローラのLEDを確認します。
    もう一方のコントローラとの通信が再確立されると次のような状態になります。
    • 黄色の警告LEDが点灯した状態になります。
    • ホスト リンクLEDは、ホスト インターフェイスに応じて、点灯、点滅、消灯のいずれかになります。
  3. コントローラがオンラインに戻ったら、ステータスが「最適」になっていることを確認し、コントローラ シェルフの警告LEDを確認します。
    ステータスが「最適」でない場合やいずれかの警告LEDが点灯している場合は、すべてのケーブルが正しく装着され、コントローラ キャニスターが正しく取り付けられていることを確認します。必要に応じて、コントローラ キャニスターを取り外して再度取り付けます。
    注: 問題が解決しない場合は、テクニカル サポートにお問い合わせください。
  4. [サポート] > [アップグレード センター]をクリックして、最新バージョンのSANtricity OSがインストールされていることを確認します。
    必要に応じて、最新バージョンをインストールします。
  5. すべてのボリュームが優先所有者に戻っていることを確認します。
    1. [ストレージ] > [ボリューム]を選択します。現在の所有者と優先所有者がリストに表示されない場合は、[すべてのボリューム] > [列]を選択します。現在の所有者と優先所有者を選択し、ボリュームが優先所有者に割り当てられていることを再確認します。
    2. すべてのボリュームが優先所有者に所有されている場合は、手順6に進みます。
    3. いずれのボリュームも戻っていない場合は、手動でボリュームを戻す必要があります。[ストレージ] > [ボリューム] > [さらに表示] > [ボリュームの再配置]を選択します。
    4. 自動配置または手動配置のあとに一部のボリュームのみが優先所有者に戻る場合は、Recovery Guruでホスト接続の問題を確認する必要があります。
    5. Recovery Guruで問題が報告されない場合、またはRecovery Guruの手順に従ってもボリュームが優先所有者に戻らない場合は、サポートに問い合わせてください。
  6. SANtricity System Managerを使用してストレージ アレイのサポート データを収集します。
    1. [サポート] > [サポート センター] > [診断]を選択します。
    2. [サポート データの収集]を選択します。
    3. [収集]をクリックします。

    ブラウザのDownloadsフォルダに、support-data.7zという名前でファイルが保存されます。

タスクの結果

これでファンの交換は完了です。通常の運用を再開することができます。