コントローラを交換する準備

障害が発生したコントローラ キャニスターは交換する必要があります。コントローラ キャニスターを交換する準備として、交換用コントローラ キャニスターのFRUパーツ番号が正しいことを確認し、構成をバックアップし、サポート データを収集します。

手順

  1. 新しいコントローラ キャニスターを開封し、静電気防止処置を施した平らな場所に置きます。
    梱包材は、障害が発生したコントローラ キャニスターを発送するときのために保管しておいてください。
  2. コントローラ キャニスターの背面にあるMACアドレスとFRUパーツ番号のラベルを確認します。
  3. SANtricity System Managerで、交換するコントローラ キャニスターの交換パーツ番号を確認します。
    コントローラで障害が発生していて交換が必要な場合は、Recovery Guruの[詳細]領域に交換パーツ番号が表示されます。この番号を手動で確認する必要がある場合は、次の手順を実行します。
    1. [ハードウェア]を選択します。
    2. コントローラのアイコンが付いたコントローラ シェルフを探します。
    3. コントローラのアイコンをクリックします。
    4. コントローラを選択し、[次へ]をクリックします。
    5. [基本]タブで、コントローラの[交換パーツ番号]の番号を書き留めます。
  4. 障害が発生したコントローラの交換パーツ番号が交換用コントローラのFRUパーツ番号と同じであることを確認します。
    注意: データアクセスが失われる可能 性 - 2 つのパーツ番号が同じでない場合は、この手順を実行しないでください。また、障害が発生したコントローラ キャニスターにホスト インターフェイス カード(HIC)が搭載されている場合は、新しいコントローラ キャニスターにそのHICを取り付ける必要があります。コントローラやHICが一致していないと、新しいコントローラをオンラインにしたときにロックダウン状態になります。
  5. ストレージ アレイの構成データベースをバックアップします。
    コントローラを取り外す際に問題が発生した場合は、保存したファイルを使用して構成をリストアできます。
    1. System Managerでサポート ページに移動します。
    2. [サポート センター]タブを選択します。
    3. [診断]タブを選択します。
    4. [サポート データの収集]を選択します。
  6. コントローラがオフラインでない場合は、SANtricity System Managerを使用してオフラインにします。
    1. [Hardware]を選択します。
    2. 図にドライブが表示された場合は、[シェルフ背面を表示]をクリックしてコントローラを表示します。
    3. オフラインに切り替えるコントローラを選択します。
    4. コンテキスト メニューから[オフラインに切り替え]を選択し、処理を確定します。
  7. SANtricity System Managerでコントローラのステータスがオフラインに更新されるまで待ちます。
    注意: ステータスの更新が完了するまでは、他の処理を開始しないでください。
  8. Recovery Guruで[再確認]を選択し、[詳細]領域の[削除]フィールドに[はい]と表示されていることを確認します(このコンポーネントを安全に取り外せることを示します)。

終了後の操作

障害が発生したコントローラの取り外しに進みます。