プロトコル変更後の処理

機能パックキーを適用してプロトコルを変更したら、適切なプロトコルを使用するようにホストを設定する必要があります。

手順

適切なプロトコルを使用するようにホストを設定します。

ホストの設定手順については、システムに応じたガイドを参照してください。

Linuxの簡単な設定

VMwareの簡単な設定

Windowsの簡単な設定

具体的な設定は環境によって異なります。ソリューションに応じた具体的な指示やその他の推奨される設定については、NetApp Interoperability Matrixで確認してください。

終了後の操作

これでホスト プロトコルの変更は完了です。通常の運用を再開することができます。