概要と要件

Eシリーズ コントローラ シェルフおよびサポートされるドライブ シェルフについて、ケーブル接続に関する要件と考慮事項を理解しておく必要があります。

このガイドの対象者

この情報は、ストレージ システムの設置や拡張を行うハードウェア設置担当者やシステム管理者を対象としています。また、使用するハードウェアの設置とセットアップの手順書に従ってストレージ システムが設置されていることを前提としています。

対象となるハードウェア モデル

このガイドの情報は、以下のハードウェア モデルに適用されます。

コントローラ シェルフ ドライブ シェルフ
EF600 該当なし
E5724、EF570、E2812、E2824、EF280 DE212C、DE224C
E2860、E5760 DE460C

ケーブル接続に関する追加情報

次の構成のケーブル接続については、『Adding IOM Drive Shelves to an Existing E27XX, E56XX, or EF560 Controller Shelf』を参照してください。

コントローラ シェルフ ドライブ シェルフ
E2712、E2724、E5612、E5624、EF560 DE212C、DE224C
E2760、E5660 DE460C

その他のケーブル接続オプションについては、以前のシステムの『E-Series Hardware Cabling Guide』を参照してください。

ミラーリング機能をサポートするためのケーブル接続については、『Synchronous and Asynchronous Mirroring Feature Descriptions and Deployment Guide』を参照してください。

必要なコンポーネント

ストレージ システムをケーブル接続する際には、コントローラ シェルフとドライブ シェルフに加えて、次のコンポーネントの一部または全部が必要となります。
  • ケーブル:SAS、Fibre Channel(FC)、イーサネット、InfiniBand
  • Small Form-factor Pluggable(SFP)またはQuad SFP(QSFP)トランシーバ
  • スイッチ
  • ホスト バス アダプタ(HBA)
  • ホスト チャネル アダプタ(HCA)
  • ネットワーク インターフェイス カード(NIC)