ドライブの再構築の開始

start drive reconstructコマンドは、ドライブの再構築を開始します。

対応アレイ

このコマンドは、すべてのSMcliパッケージがインストールされていれば、E2700E5600E2800E5700を含むあらゆるストレージ アレイに適用されます。

ロール

このコマンドをE2800またはE5700のストレージ アレイに対して実行するには、Storage Adminロールが必要です。

構文

start drive [trayID,[drawerID,]slotID] reconstruct

パラメータ

パラメータ 説明
drive

大容量ドライブ トレイの場合は、ドライブのトレイIDの値、ドロワーIDの値、およびスロットIDの値を指定します。小容量ドライブ トレイの場合は、ドライブのトレイIDの値とスロットIDの値を指定します。トレイIDの値は、099です。ドロワーIDの値は、15です。

スロットIDの最大値はすべて24です。スロットIDの値は、トレイのモデルに応じて0または1で始まります。E2800コントローラおよびE5700コントローラと互換性があるドライブ トレイのスロットID番号は0から始まります。E2700コントローラおよびE5600コントローラと互換性があるドライブ トレイのスロットID番号は1から始まります。

トレイIDの値、ドロワーIDの値、およびスロットIDの値は角かっこ([])で囲みます。

メモ

driveパラメータは、大容量ドライブ トレイと小容量ドライブ トレイの両方をサポートします。大容量ドライブ トレイには、ドライブを格納するドロワーがあります。ドロワーをドライブ トレイから引き出して、ドライブへのアクセスを提供します。小容量ドライブ トレイにはドロワーはありません。大容量ドライブ トレイの場合は、ドライブ トレイの識別子(ID)、ドロワーのID、ドライブが格納されているスロットのIDを指定する必要があります。小容量ドライブ トレイの場合は、ドライブ トレイのIDと、ドライブが格納されているスロットのIDのみを指定する必要があります。小容量ドライブ トレイの場合、ドライブ トレイのIDを指定し、ドロワーのIDを0に設定し、ドライブが格納されているスロットのIDを指定する方法でも、ドライブの場所を特定できます。

最小ファームウェア レベル

5.43

7.60で、drawerIDユーザ入力が追加されました。