コマンドの表記

コマンドライン インターフェイス(CLI)は、ストレージ アレイを設定および監視できるソフトウェア アプリケーションです。CLIを使用すると、DOSのC:プロンプト、Linuxのオペレーティング システム パス、Solarisのオペレーティング システム パスなど、オペレーティング システムのプロンプトからコマンドを実行できます。

CLIを使用すると、ストレージ管理ソフトウェア内のユーティリティであるスクリプト エンジンに直接アクセスできます。スクリプト エンジンは、ストレージ アレイを設定および管理するコマンドを実行します。スクリプト エンジンは、スクリプト ファイル経由で、またはコマンドラインから直接コマンドを読み取り、コマンドによって指示された処理を実行します。

スクリプト コマンドは、ストレージ アレイを設定および管理します。スクリプト コマンドはCLIコマンドとは異なります。個々のスクリプト コマンドを入力するか、スクリプト コマンドのファイルを実行することができます。個々のスクリプト コマンドを入力する場合は、スクリプト コマンドをCLIコマンドに埋め込みます。スクリプト コマンドのファイルを実行する場合は、ファイル名をCLIコマンドに埋め込みます。

本ドキュメントに記載されているソフトウェア機能の一部は、Eシリーズ ストレージ システムでは使用できない場合があります。使用可能な機能に関する質問は、アカウント担当者にお問い合わせください。

CLIはSANtricity Storage Managerソフトウェアの機能です。