マルチパス ソフトウェアの設定

マルチパス ソフトウェアは、物理パスの1つが中断された場合に備えて、ストレージ アレイへのパスを冗長化します。マルチパス ソフトウェアは、ストレージへの複数のアクティブな物理パスを単一の仮想デバイスとしてオペレーティング システムに提示します。また、フェイルオーバー プロセスも管理して仮想デバイスを更新します。Linux環境では、Device Mapper Multipath(DM-MP)ツールを使用します。

開始する前に

必要なパッケージをシステムにインストールしておきます。

タスク概要

RHELおよびSLESでは、デフォルトではDM-MPは無効になっています。ホストでDM-MPコンポーネントを有効にするには、次の手順を実行します。

オペレーティング システムがインストールされていない場合は、オペレーティング システムのベンダーから提供されたメディアを使用します。

手順

  1. multipath.confファイルがまだ作成されていない場合は、# touch /etc/multipath.confコマンドを実行します。
  2. デフォルトのマルチパス設定を使用するために、multipath.confファイルを空のままにします。
  3. マルチパス サービスを開始します。
    # systemctl start multipathd
  4. uname -rコマンドを実行してカーネル バージョンを確認します。
    # uname -r
    3.10.0-327.el7.x86_64

    この情報は、ホストにボリュームを割り当てる際に使用します。

  5. 次のいずれかを実行して、multipathdをブート時に有効にします。
    対象 操作
    RHEL 7.xおよび8.xシステム: systemctl enable multipathd
    SLES 12.xおよび15.xシステム: systemctl enable multipathd
  6. initramfsイメージまたはinitrdイメージを/boot directoryに再構築します。
    対象 操作
    RHEL 7.xおよび8.xシステム: dracut --force --add multipath
    SLES 12.xおよび15.xシステム: dracut --force --add multipath
  7. 新たに作成した/boot/initrams-*イメージまたは/boot/initrd-*イメージがブート構成ファイルで選択されていることを確認します。
    たとえば、grubについては/boot/grub/menu.lst、grub2については/boot/grub2/menu.cfgを確認します。
  8. オンライン ヘルプの「ホストの手動作成」の手順に従って、ホストが定義されているかどうかを確認します。それぞれのホスト タイプが自動ロード バランシングを有効にする場合は[Linux DM-MP(カーネル3.10以降)]、自動ロード バランシングを無効にする場合は[Linux DM-MP(カーネル3.9以前)]になっていることを確認します。必要に応じて、選択されたホスト タイプを適切な設定に変更します。
  9. ホストをリブートします。