ホスト側のネットワークの設定

ホスト側のiSCSIネットワークを設定するには、物理パスあたりのノード セッション数を設定し、該当するiSCSIサービスをオンにし、iSCSIポートのネットワークを設定し、iSCSI ifaceバインドを作成し、イニシエータとターゲットの間にiSCSIセッションを確立します。

タスク概要

ほとんどの場合、iSCSI CNA / NICには標準で実装されているソフトウェア イニシエータを使用できます。最新のドライバ、ファームウェア、およびBIOSをダウンロードする必要はありません。コードの要件については、NetApp Interoperability Matrix Toolを参照してください。

手順

  1. /etc/iscsi/iscsid.confファイルのnode.session.nr_sessions変数で、物理パスあたりのデフォルトのセッション数を確認します。必要に応じて、デフォルトのセッション数を1に変更します。
    node.session.nr_sessions = 1
  2. /etc/iscsi/iscsid.confファイルのnode.session.timeo.replacement_timeout変数を、デフォルト値の120から20に変更します。
    node.session.timeo.replacement_timeout=20
  3. iscsidと(open-)iscsiサービスがオンで、ブートに対して有効になっていることを確認します。
    Red Hat Enterprise Linux 7、8(RHEL 7、RHEL 8)
    # systemctl start iscsi
    # systemctl start iscsid
    # systemctl enable iscsi
    # systemctl enable iscsid
    SUSE Linux Enterprise Server 12、15(SLES 12、SLES 15)
    # systemctl start iscsid.service
    # systemctl enable iscsid.service
  4. ホストIQNイニシエータ名を取得します。この名前は、アレイに対してホストを設定する際に使用します。
    # cat /etc/iscsi/initiatorname.iscsi
  5. iSCSIポートのネットワークを設定します。
    注: iSCSIイニシエータでは、パブリック ネットワーク ポートに加えて、別のプライベート セグメントまたはVLAN上で2つ以上のNICを使用する必要があります。
    1. # ifconfig -aコマンドを使用してiSCSIポートの名前を特定します。
    2. iSCSIイニシエータ ポートのIPアドレスを設定します。イニシエータ ポートは、iSCSIターゲット ポートと同じサブネット上にあることが必要です。
      #vim /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg- <NIC port>
      編集: 
      BOOTPROTO=none 
      ONBOOT=yes
      NM_CONTROLLED=no
      追加: 
      ipaddr= 192.168.xxx.xxx
      NETMASK=255.255.255.0
      
      注: 必ず両方のiSCSIイニシエータ ポートのアドレスを設定してください。
    3. ネットワーク サービスを再起動します。
      # systemctl restart network
    4. LinuxサーバからすべてのiSCSIターゲット ポートにpingを実行できることを確認します。
  6. iSCSI ifaceバインディングを2つ作成してiSCSIインターフェイスを設定します。
    iscsiadm –m iface –I iface0 –o new
    iscsiadm –m iface –I iface0 –o update –n iface.net_ifacename –v <NIC port1>
    iscsiadm –m iface –I iface1 –o new
    iscsiadm –m iface –I iface1 –o update –n iface.net_ifacename –v <NIC port2>
    注: インターフェイスの一覧を表示するには、iscsiadm –m ifaceを使用します。
  7. イニシエータとターゲットの間にiSCSIセッションを確立します(合計4つ)。
    1. iSCSIターゲットを検出します。次の手順のために、IQN(各検出で同じ)をワークシートに記録しておきます。
      iscsiadm –m discovery –t sendtargets –p 192.168.0.1:3260 –I iface0 –P 1
      
      注: IQNは次のような形式です。
      iqn.1992-01.com.netapp:2365.60080e50001bf1600000000531d7be3
    2. ifaceを使用してiSCSIイニシエータとiSCSIターゲットの間に接続を作成します。
      iscsiadm –m node –T iqn.1992-01.com.netapp:2365.60080e50001bf1600000000531d7be3 
      –p 192.168.0.1:3260 –I iface0 -l
    3. ホストで確立されているiSCSIセッションの一覧を表示します。
      # iscsiadm -m session