アレイ側のネットワークの設定

SANtricity System ManagerのGUIを使用して、アレイ側のiSCSIネットワークを設定します。

開始する前に

タスク概要

このタスクでは、[ハードウェア]ページからiSCSIポート設定にアクセスする方法について説明します。この設定には、[システム] > [設定] > [iSCSI ポートの設定]からもアクセスできます。

手順

  1. ブラウザで次のURLを入力します。https://<DomainNameOrIPAddress>

    IPAddressは、いずれかのストレージ アレイ コントローラのアドレスです。

    まだ設定していないアレイでSANtricity System Managerを初めて開くと、Set Administrator Passwordというプロンプトが表示されます。ロールベースのアクセス管理では、adminsupportsecurity、およびmonitorの4つのローカル ロールが設定されます。最後の3つのロールには、推測されにくいランダムなパスワードが設定されています。adminロールのパスワードを設定したあと、adminのクレデンシャルを使用してすべてのパスワードを変更することができます。4つのローカル ユーザ ロールの詳細については、SANtricity System Managerオンライン ヘルプを参照してください。
  2. System ManageradminロールのパスワードをSet Administrator PasswordフィールドとConfirm Passwordフィールドに入力し、[パスワードの設定]ボタンを選択します。
    プール、ボリューム グループ、ワークロード、または通知が設定されていない状態でSystem Managerを開くと、セットアップ ウィザードが起動します。
  3. セットアップ ウィザードを閉じます。
    このウィザードは、あとで追加のセットアップ タスクを実行する際に使用します。
  4. [ハードウェア]を選択します。
  5. 図にドライブが表示された場合は、[シェルフ背面を表示]をクリックします。
    図の表示が切り替わり、ドライブではなくコントローラが表示されます。
  6. iSCSIポートを設定するコントローラをクリックします。
    コントローラのコンテキスト メニューが表示されます。
  7. [iSCSI ポートの設定]を選択します。
    [iSCSI ポートの設定]ダイアログ ボックスが開きます。
  8. ドロップダウン リストで設定するポートを選択し、[次へ]をクリックします。
  9. ポート設定を選択し、[次へ]をクリックします。
    すべてのポート設定を表示するには、ダイアログ ボックスの右にある[詳細なポート設定を表示]リンクをクリックします。
    ポート設定 説明
    設定されたイーサネット ポート速度 必要な速度を選択します。

    ドロップダウン リストに表示されるオプションは、ネットワークがサポートできる最大速度(10Gbpsなど)によって異なります。

    注: コントローラで使用可能なオプションの 25Gb iSCSI ホストインターフェイスカードは速度を自動ネゴシエートしません。各ポートの速度を10Gbまたは25Gbに設定する必要があります。すべてのポートを同じ速度に設定する必要があります。
    IPv4 を有効にする/IPv6 を有効にする 一方または両方のオプションを選択して、IPv4ネットワークとIPv6ネットワークのサポートを有効にします。
    TCPリスン ポート

    [詳細なポート設定を表示]をクリックすると表示されます。)

    必要に応じて、新しいポート番号を入力します。

    リスニング ポートは、コントローラがホストiSCSIイニシエータからのiSCSIログインをリスンするために使用するTCPポート番号です。デフォルトのリスニング ポートは3260です。3260または49152~65535の値を入力する必要があります。

    MTUサイズ

    [詳細なポート設定を表示]をクリックすると表示されます。)

    必要に応じて、最大伝送ユニット(MTU)の新しいサイズ(バイト)を入力します。

    デフォルトのMTUサイズは1500バイト / フレームです。1500~9000の値を入力する必要があります。

    ICMP PING応答を有効にする Internet Control Message Protocol(ICMP)を有効にする場合は、このオプションを選択します。ネットワーク接続されたコンピュータのオペレーティング システムは、このプロトコルを使用してメッセージを送信します。ICMPメッセージを送信することで、ホストに到達できるかどうかや、そのホストとのパケットの送受信にどれくらいの時間がかかるかが確認されます。
    [IPv4 を有効にする]を選択した場合は、[次へ]をクリックするとIPv4設定を選択するためのダイアログ ボックスが開きます。[IPv6 を有効にする]を選択した場合は、[次へ]をクリックするとIPv6設定を選択するためのダイアログ ボックスが開きます。両方のオプションを選択した場合は、IPv4設定のダイアログ ボックスが最初に開き、[次へ]をクリックするとIPv6設定のダイアログ ボックスが開きます。
  10. IPv4、IPv6、またはその両方を、自動または手動で設定します。すべてのポート設定を表示するには、ダイアログ ボックスの右にある[詳細設定を表示]リンクをクリックします。
    ポート設定 説明
    設定を自動的に取得 設定を自動的に取得する場合は、このオプションを選択します。
    静的な設定を手動で指定 このオプションを選択した場合は、フィールドに静的アドレスを入力しますIPv4の場合は、ネットワークのサブネット マスクとゲートウェイも指定します。IPv6の場合は、ルーティング可能なIPアドレスとルータのIPアドレスも指定します。
  11. [完了]をクリックします。
  12. System Managerを終了します。