ストレージ アレイのNVMe over RoCE接続の設定

コントローラにNVMe over RoCE(RDMA over Converged Ethernet)ポートが搭載されている場合は、SANtricity System Managerの[ハードウェア]ページまたは[システム]ページからNVMeポートを設定できます。

開始する前に

タスク概要

NVMe over RoCE設定には、[ハードウェア]ページまたは[設定] > [システム]からアクセスできます。このタスクでは、[ハードウェア]ページからポートを設定する方法について説明します。
注: NVMe over RoCEの設定と機能は、ストレージ アレイのコントローラにNVMe over RoCEポートが搭載されている場合にのみ表示されます。

手順

  1. [ハードウェア]を選択します。
  2. NVMe over RoCEポートを設定するコントローラをクリックします。
    コントローラのコンテキスト メニューが表示されます。
  3. [NVMe over RoCE ポートの設定]を選択します。
    [NVMe over RoCE ポートの設定]ダイアログ ボックスが開きます。
  4. ドロップダウン リストで設定するポートを選択し、[次へ]をクリックします。
  5. 使用するポート設定を選択し、[次へ]をクリックします。
    すべてのポート設定を表示するには、ダイアログ ボックスの右にある[詳細なポート設定を表示]リンクをクリックします。
    ポート設定 説明
    設定されたイーサネット ポート速度 必要な速度を選択します。

    ドロップダウン リストに表示されるオプションは、ネットワークがサポートできる最大速度(10Gbpsなど)によって異なります。指定可能な値は次のとおりです。

    • 自動ネゴシエーション
    • 10Gbps
    • 25Gbps
    • 40Gbps
    • 50Gbps
    • 100Gbps
    • 200Gbps
    注: QSFP56 ケーブルで 200Gb 対応の HIC を接続している場合、自動ネゴシエーションは Mellanox スイッチやアダプタに接続している場合にのみ使用できます。
    注: NVMe over RoCEポートには、そのポートのSFPの対応速度に合った速度を設定する必要があります。すべてのポートを同じ速度に設定する必要があります。
    IPv4を有効にする / IPv6を有効にする 一方または両方のオプションを選択して、IPv4ネットワークとIPv6ネットワークのサポートを有効にします。
    MTUサイズ

    [詳細なポート設定を表示]をクリックすると表示されます。)

    必要に応じて、最大伝送ユニット(MTU)の新しいサイズ(バイト)を入力します。

    デフォルトのMTUサイズは1500バイト / フレームです。1500 ~ 4200 の値を入力する必要があります

    [IPv4 を有効にする]を選択した場合は、[次へ]をクリックするとIPv4設定を選択するためのダイアログ ボックスが開きます。[IPv6 を有効にする]を選択した場合は、[次へ]をクリックするとIPv6設定を選択するためのダイアログ ボックスが開きます。両方のオプションを選択した場合は、IPv4設定のダイアログ ボックスが最初に開き、[次へ]をクリックするとIPv6設定のダイアログ ボックスが開きます。
  6. IPv4、IPv6、またはその両方を、自動または手動で設定します。すべてのポート設定を表示するには、ダイアログ ボックスの右にある[詳細設定を表示]リンクをクリックします。
    ポート設定 説明
    DHCP サーバから自動的に設定を取得 設定を自動的に取得する場合は、このオプションを選択します。
    静的な設定を手動で指定 このオプションを選択した場合は、フィールドに静的アドレスを入力しますIPv4の場合は、ネットワークのサブネット マスクとゲートウェイも指定します。IPv6の場合は、ルーティング可能なIPアドレスとルータのIPアドレスも指定します。
    注: ルーティング可能なIPアドレスが1つしかない場合は、残りのアドレスを0:0:0:0:0:0:0:0に設定します。
    VLAN のサポートを有効にする

    [詳細設定を表示]をクリックすると表示されます。)

    重要: このオプションは、iSCSI環境でのみ使用できます。NVMe over RoCE環境では使用できません。

    VLANを有効にしてそのIDを入力する場合は、このオプションを選択します。VLANは、同じスイッチ、同じルータ、またはその両方でサポートされる他の物理LAN(ローカル エリア ネットワーク)および仮想LANから物理的に分離されたように動作する論理ネットワークです。

    イーサネットの優先順位を有効にする

    [詳細設定を表示]をクリックすると表示されます。)

    重要: このオプションは、iSCSI環境でのみ使用できます。NVMe over RoCE環境では使用できません。

    ネットワーク アクセスの優先度を決定するパラメータを有効にする場合は、このオプションを選択します。スライダを使用して優先度を1から7の間で選択します。

    共有LAN環境(イーサネットなど)では、多数のステーションがネットワーク アクセスで競合する可能性があります。アクセスは先に行われたものから順に処理されます。2つのステーションが同時にネットワークにアクセスしようとすると、両方のステーションがアクセスを停止して再試行まで待機します。1つのステーションだけがスイッチ ポートに接続されるスイッチ イーサネットでは、このプロセスが最小化されます。

  7. [完了]をクリックします。