ホストからのストレージの検出と接続

SANtricity System Managerで各ホストを定義する前に、ホストからターゲット コントローラ ポートを検出し、NVMe接続を確立する必要があります。

手順

  1. 次のコマンドを使用して、すべてのパスについて、NVMe-oFターゲットの使用可能なサブシステムを検出します。
    nvme discover -t rdma -a target_ip_address

    このコマンドのtarget_ip_addressはターゲット ポートのIPアドレスです。

    注: nvme discoverコマンドでは、ホスト アクセスに関係なく、サブシステムのすべてのコントローラ ポートが検出されます。
    # nvme discover  -t rdma -a 10.10.10.100
     Discovery Log Number of Records 2, Generation counter 0
     =====Discovery Log Entry 0======
     trtype:  rdma
     adrfam:  ipv4
     subtype: nvme subsystem
     treq:    not specified
     portid:  0
     trsvcid: 4420
     subnqn:  nqn.1992-08.com.netapp:5700.600a098000af41580000000058ed54be
     traddr: 10.10.10.100                                                                                                                            
     rdma_prtype: infiniband
     rdma_qptype: connected
     rdma_cms:    rdma-cm
     rdma_pkey: 0x0000
    =====Discovery Log Entry 1======
     trtype:  rdma
     adrfam:  ipv4
     subtype: nvme subsystem
     treq:    not specified
     portid:  1
     trsvcid: 4420
     subnqn:  nqn.1992-08.com.netapp:5700.600a098000af41580000000058ed54be
     traddr: 11.11.11.100                                                                                                                            
     rdma_prtype: infiniband
     rdma_qptype: connected
     rdma_cms:    rdma-cm
     rdma_pkey: 0x0000
  2. 他の接続についても手順1を繰り返します。
  3. 次のコマンドを使用して最初のパスで検出したサブシステムに接続します。nvme connect -t rdma -ndiscovered_sub_nqn -atarget_ip_address -Q queue_depth_setting -l controller_loss_timeout_period
    注: nvme connect -t rdma -n discovered_sub_nqn -a target_ip_address -Q queue_depth_setting -l controller_loss_timeout_periodコマンドはリブートすると解除されます。リブートのたびにnvme connectコマンドを実行してNVMe接続を再確立する必要があります。
    注: システムがリブートしたりコントローラが長時間使用できない状態になった場合、NVMe接続は解除されます。
    重要: 検出されたポートのうち、ホストからアクセスできないポートへの接続は確立されません。
    重要: このコマンドにポート番号を指定すると、接続は失敗します。接続用として設定されているポートはデフォルト ポートだけです。
    重要: 推奨されるキューの深さは1024です。次の例に示すように、-Q 1024コマンドライン オプションを使用して、デフォルトの設定である128を1024でオーバーライドします。
    重要: コントローラ損失のタイムアウト時間として推奨される秒数は3,600秒(60分)です。次の例に示すように、-l 3600コマンドライン オプションを使用して、デフォルトの設定である600秒を3,600秒でオーバーライドします。
      # nvme connect -t rdma -a 10.10.10.100 -n  nqn.1992-08.com.netapp:5700.600a098000af41580000000058ed54be -Q 1024 -l 3600
  4. nvme listコマンドを使用して、現在接続されているNVMeデバイスの一覧を表示します。次の例では、nvme0n1が表示されています。
     # nvme list
    
     Node          SN            Model             Namespace                 
     -------------------------------------------------------
     /dev/nvme0n1  021648023161  NetApp E-Series      1        
      
    Usage                 Format           FW Rev
    --------------------------------------------------------------
    5.37 GB /5.37 GB      512 B + 0 B      0842XXXX
    
  5. 2番目のパスで検出されたサブシステムに接続します。
      # nvme connect -t rdma -a 11.11.11.100 -n  nqn.1992-08.com.netapp:5700.600a098000af41580000000058ed54be -Q 1024 -l 3600

  6. Linuxのlsblkコマンドとgrepコマンドを使用して、各ブロック デバイスに関する追加情報を表示します。
     # lsblk | grep nvme
    
     nvme0n1    259:0    0     5G  0 disk
     nvme1n1    259:0    0     5G  0 disk
    
    
  7. nvme listコマンドを使用して、現在接続されているNVMeデバイスの最新の一覧を表示します。次の例では、nvme0n1nvme0n1が表示されています。
     # nvme list
     Node          SN            Model                   Namespace                 
     -------------------------------------------------------------
     /dev/nvme0n1  021648023161  NetApp E-Series          1
     /dev/nvme1n1  021648023161  NetApp E-Series          1         
      
    Usage                 Format           FW Rev
    --------------------------------------------------------------
    5.37 GB /5.37 GB          512 B + 0 B      0842XXXX
    5.37 GB /5.37 GB          512 B + 0 B      0842XXXX