SANtricity System Managerへのアクセスとセットアップ ウィザードの使用

SANtricity System Managerのセットアップ ウィザードを使用してストレージ アレイを設定します。

開始する前に

タスク概要

iSCSIを使用している場合は、iSCSIを設定する際にセットアップ ウィザードを閉じたことを確認してください。

ウィザードは、System Managerを開くかブラウザの表示を更新したときに、次の少なくとも1つに該当していれば自動的に再度起動されます。

セットアップ ウィザードが自動的に表示されない場合は、テクニカル サポートにお問い合わせください。

手順

  1. ブラウザで次のURLを入力します。https://<DomainNameOrIPAddress>

    IPAddressは、いずれかのストレージ アレイ コントローラのアドレスです。

    まだ設定していないアレイでSANtricity System Managerを初めて開くと、Set Administrator Passwordというプロンプトが表示されます。ロールベースのアクセス管理では、adminsupportsecurity、およびmonitorの4つのローカル ロールが設定されます。最後の3つのロールには、推測されにくいランダムなパスワードが設定されています。adminロールのパスワードを設定したあと、adminのクレデンシャルを使用してすべてのパスワードを変更することができます。4つのローカル ユーザ ロールの詳細については、SANtricity System Managerオンライン ヘルプを参照してください。
  2. System Manageradminロールのパスワードを[管理者パスワードの設定]フィールドと[パスワードの再入力]フィールドに入力し、[パスワードの設定]ボタンを選択します。
    プール、ボリューム グループ、ワークロード、または通知が設定されていない状態でSystem Managerを開くと、セットアップ ウィザードが起動します。
  3. セットアップ ウィザードを使用して次のタスクを実行します。
    • ハードウェア(コントローラとドライバ)の確認 – ストレージ アレイ内のコントローラとドライブの数を確認します。アレイに名前を割り当てます。
    • ホストとオペレーティング システムの確認 – ストレージ アレイがアクセスできるホストとオペレーティング システムのタイプを確認します。
    • プールの承認 - クイック インストールで推奨されるプール構成を承認します。プールはドライブの論理グループです。
    • アラートの設定 – ストレージ アレイで問題が発生した場合に自動通知をSystem Managerで受信するように設定します。
    • AutoSupportの有効化 – ストレージ アレイの健常性を自動的に監視し、テクニカル サポートにデータを送信します。
  4. ボリュームをまだ作成していない場合は、[ストレージ] > [ボリューム] > [作成] > [ボリューム]の順に選択してボリュームを作成します。
    注: EF300 および EF600 では、 VMware との互換性を確保するために、ブロックサイズを 512 バイトに設定する必要があります。SANtricity System Manager ボリュームを 512 バイトに設定する方法の詳細については、 SANtricity System Manager オンラインヘルプを参照してください。