ネットワークの設定 - iSCSI、VMware

iSCSIネットワークをどのように設定するかは、データ ストレージの要件に応じてさまざまです。

環境に応じた最適な構成を選択するには、ネットワーク管理者に相談してください。

iSCSIネットワークを計画する際には、『VMware Configuration Maximums』ガイドに記載されているように、サポートされるiSCSIストレージ パスの最大数が8であることに注意してください。この最大数を超えるパスを設定しないようにする必要があります。

iSCSIポート バインドを使用していない場合、VMware iSCSIソフトウェア イニシエータによってiSCSIターゲットごとに1つのセッションがデフォルトで作成されます。

注: VMwareのiSCSIポート バインドは、バインドされているすべてのVMkernelポートを、設定されたネットワーク セグメント上でアクセス可能なすべてのターゲット ポートに強制的にログインさせる機能です。この機能は、iSCSIターゲットを単一のネットワーク アドレスで表すアレイで使用するためのものです。iSCSIポート バインドは使用しないことを推奨します。詳細については、VMwareのナレッジ ベースにアクセスして、ESX / ESXiでソフトウェアiSCSIポート バインドを使用する場合の考慮事項に関する記事を参照してください。ESXiホストを別のベンダーのストレージに接続している場合は、ポート バインドとの競合を避けるために、別のiSCSI VMkernelポートを使用することを推奨します。

ベストプラクティスとして、 E シリーズストレージアレイではポートバインドを使用しないことを推奨します。

効果的なマルチパス構成を実現するために、iSCSIネットワークに複数のネットワーク セグメントを使用します。ホスト側のポートと各アレイ コントローラのポートを少なくとも1つずつ1つのネットワーク セグメントに配置し、同様のポート セットをもう1つのネットワーク セグメントに配置します。可能であれば、複数のイーサネット スイッチを使用してさらに冗長性を確保します。

送受信のハードウェア フロー制御をエンドツーエンドで有効にする必要があります。優先度フロー制御は無効にする必要があります。

パフォーマンス上の理由からIP SAN内でジャンボ フレームを使用している場合は、アレイ、スイッチ、およびホストでジャンボ フレームを使用するように設定してください。ホストおよびスイッチでジャンボ フレームを有効にする方法については、使用するオペレーティング システムとスイッチのドキュメントを参照してください。アレイでジャンボ フレームを有効にするには、「アレイ側のネットワークの設定 - iSCSI」の手順を実行します。

注: 多くのネットワーク スイッチは9,000バイトを超えるIPオーバーヘッドを設定する必要があります。詳細については、使用するスイッチのドキュメントを参照してください。