IPネットワーク接続の確認 - iSCSI、VMware

インターネット プロトコル(IP)ネットワーク接続を確認するために、pingテストを使用してホストとアレイが通信できることを確認します。

手順

  1. ジャンボ フレームが有効かどうかに応じて、ホストから次のいずれかのコマンドを実行します。
    • ジャンボ フレームが有効でない場合は、次のコマンドを実行します。
      vmkping <iSCSI_target_IP_address>
      						
    • ジャンボ フレームが有効な場合は、ペイロード サイズに8,972バイトを指定してpingコマンドを実行します。IPとICMPを組み合わせたヘッダーは28バイトで、これがペイロードに追加されて9,000バイトになります。-sオプションはpacket sizeビットを設定します。-dオプションは、IPv4パケットにDF(Don't Fragment)ビットを設定します。これらのオプションにより、iSCSIイニシエータとターゲットの間で9,000バイトのジャンボ フレームを送信することができます。
      vmkping -s 8972 -d <iSCSI_target_IP_address>
      						
    次の例では、iSCSIターゲットのIPアドレスは192.0.2.8です。
    vmkping -s 8972 -d 192.0.2.8
    Pinging 192.0.2.8 with 8972 bytes of data: 
    Reply from 192.0.2.8: bytes=8972 time=2ms TTL=64
    Reply from 192.0.2.8: bytes=8972 time=2ms TTL=64
    Reply from 192.0.2.8: bytes=8972 time=2ms TTL=64
    Reply from 192.0.2.8: bytes=8972 time=2ms TTL=64
    Ping statistics for 192.0.2.8: 
      Packets: Sent = 4, Received = 4, Lost = 0 (0% loss),
    Approximate round trip times in milli-seconds: 
      Minimum = 2ms, Maximum = 2ms, Average = 2ms
    
  2. 各ホストのイニシエータ アドレス(iSCSIに使用されているホスト イーサネット ポートのIPアドレス)から各コントローラiSCSIポートに対してvmkpingコマンドを実行します。構成に含まれる各ホスト サーバから、適宜IPアドレスを変更して同じコマンドを実行します。
    注: コマンドが失敗してsendto() failed (Message too long)というメッセージが表示された場合は、ホスト サーバ、ストレージ コントローラ、およびスイッチ ポートのイーサネット インターフェイスのMTUサイズ(ジャンボ フレームのサポート状況)を確認します。
  3. iSCSIの設定手順に戻ってターゲットの検出を終了します。