ボリュームの冗長性チェック

テクニカル サポートから指示があった場合、またはRecovery Guruに記載されている場合は、プールまたはボリューム グループ内のボリュームの冗長性をチェックし、そのボリュームのデータに整合性があるかどうかを確認できます。冗長性データは、プールまたはボリューム グループ内のいずれかのドライブで障害が発生した場合に、交換用ドライブに迅速に情報を再構築するために使用されます。

開始する前に

注: ボリュームの冗長性チェックは、Recovery Guruに記載されている場合にかぎり、テクニカル サポートの指示に従って実行してください。

タスク概要

冗長性チェックは、一度に1つのプールまたはボリューム グループでしか実行できません。ボリュームの冗長性チェックでは、次の処理が実行されます。

注: 同じプールまたはボリューム グループですぐに冗長性チェックを実行すると、エラーが発生する場合があります。この問題を回避するためには、同じプールまたはボリューム グループで続けて冗長性チェックを実行する場合は、1~2分経ってから実行してください。

手順

  1. [ストレージ] > [プールとボリューム グループ]を選択します。
  2. [一般的でないタスク] > [ボリュームの冗長性をチェック]を選択します。
    [冗長性のチェック]ダイアログ ボックスが表示されます。
  3. チェックするボリュームを選択してから、「check」と入力し、この処理を実行することを確定します。
  4. [チェック]をクリックします。

    ボリュームの冗長性チェック処理が開始されます。プールまたはボリューム グループ内のボリュームが、ダイアログ ボックスの表の一番上から順番にスキャンされます。個々のボリュームがスキャンされるたびに、次の操作が実行されます。

    • ボリュームの表内でボリュームが選択されます。
    • [ステータス]列に、冗長性チェックのステータスが表示されます。
    • メディア エラーまたはパリティ エラーが発生するとチェックが停止され、エラーが報告されます。
  5. プールまたはボリューム グループ内の最後のボリュームのチェックが完了したら、[完了]をクリックします。