管理証明書のリセット

コントローラの証明書をCA署名証明書から工場出荷時の自己署名証明書に戻すことができます。

開始する前に

タスク概要

リセット機能では、現在のCA署名証明書ファイルを各コントローラから削除します。その後、コントローラでは自己署名証明書が再び使用されるようになります。

手順

  1. [設定] > [証明書]を選択します。
  2. [アレイ管理]タブから[リセット]を選択します。
    [管理証明書のリセットの確認]ダイアログ ボックスが開きます。
  3. フィールドに「reset」と入力し、[リセット]をクリックします。
    ブラウザをリフレッシュすると、デスティネーションサイトへのアクセスがブロックされ、サイトで HTTP Strict Transport Security が使用されていると報告されることがあります。この状況は、自己署名証明書に切り替えると発生します。デスティネーションへのアクセスをブロックしている状態をクリアするには、ブラウザから参照データをクリアする必要があります。

タスクの結果

コントローラでは自己署名証明書が再び使用されるようになります。そのため、セッションの自己署名証明書を手動で承認するよう求められます。