シン ボリュームの割り当て容量制限の変更

スペースをオンデマンドで割り当てることのできるシン ボリュームでは、シン ボリュームを自動的に拡張可能な(割り当て容量を制限する)上限を変更できます。シン ボリュームが割り当て容量の上限に近付いたときに[ホーム]ページの[通知]領域にアラート(警告しきい値の超過)が送信される割合を変更することもできます。このアラート通知を有効にするか無効にするかを選択できます。

タスク概要

注: EF600EF300 の場合 は、 EF600 または EF300 ストレージシステムでは使用できません。

割り当て容量は、割り当て容量の制限に基づいてSystem Managerで自動的に拡張されます。割り当て容量の制限により、シン ボリュームの自動拡張をレポート容量までに制限することができます。書き込まれるデータの量が割り当て容量に近付いたときは、割り当て容量の制限を変更することができます。

シン ボリュームの割り当て容量の上限と警告しきい値を変更する場合は、ボリュームのユーザ データとコピー サービス データが消費するスペースを考慮してください。

手順

  1. [ストレージ] > [ボリューム]を選択します。
  2. [シン ボリュームの監視]タブを選択します。
    [シン ボリュームの監視]ビューが表示されます。
  3. 変更するシン ボリュームを選択し、[制限の変更]を選択します。

    [制限の変更]ダイアログ ボックスが表示されます。選択したシン ボリュームの割り当て容量の上限と警告しきい値の設定がこのダイアログ ボックスに表示されます。

  4. 必要に応じて、割り当て容量の上限と警告しきい値を変更します。
  5. [Save]をクリックします。