セキュリティ キーの変更

セキュリティ キーは、いつでも新しいキーに差し替えることができます。社内でセキュリティ侵害の可能性があり、ドライブのデータへの不正アクセスを防ぎたい場合は、セキュリティ キーを変更する必要があります。

開始する前に

セキュリティ キーがすでに存在している必要があります。

タスク概要

ここでは、セキュリティ キーを変更し、新しいものに差し替える方法を説明します。差し替え後、古いキーは無効になります。

手順

  1. [設定] > [システム]を選択します。
  2. [セキュリティ キー管理]で、[キーの変更]を選択します。
    [キーの変更]ダイアログ ボックスが開きます。
  3. 次のフィールドに情報を入力します。
    • セキュリティ キー識別子を定義 –(内部セキュリティ キーの場合のみ)デフォルトの値(コントローラ ファームウェアによって生成されたストレージ アレイ名とタイムスタンプ)をそのまま使用するか、独自の値を入力します。入力できる文字数は最大189文字です。使用できるのは英数字のみで、スペース、句読点、記号は使用できません。
      注: 入力した文字列の前後に追加の文字が自動的に生成されて付加されます。文字が追加されることで識別子が一意であることが保証されます。
    • パス フレーズを定義/パス フレーズを再入力 – それぞれのフィールドにパス フレーズを入力します。8~32文字で指定し、以下の文字をそれぞれ1文字以上含める必要があります。
      • 大文字のアルファベット(1文字以上)。パス フレーズでは大文字と小文字が区別されます。
      • 数字(1文字以上)。
      • 英数字以外の「!」、「*」、「@」などの文字(1文字以上)。
    注意:
    この値はあとで使用するため必ずメモしておいてください。 – セキュリティ有効ドライブをストレージ アレイから移動する必要がある場合、ドライブ データのロックを解除するために識別子とパス フレーズが必要になります。
  4. [変更]をクリックします。
    前のキーが新しいセキュリティ キーで上書きされ、無効になります。
    注: ダウンロード ファイルのパスは、ブラウザのデフォルトのダウンロード先に応じて異なる場合があります。
  5. キーの識別子とパス フレーズ、およびダウンロードされたキー ファイルの場所を記録し、[閉じる]をクリックします。

終了後の操作

セキュリティ キーを検証して、キー ファイルが破損していないことを確認します。