リザーブ容量の拡張

リザーブ容量(ストレージ オブジェクト上のコピー サービス処理に使用される物理的に割り当てられた容量)を拡張できます。Snapshot処理の場合は、通常はベース ボリュームの40%、非同期ミラーリング処理の場合は、通常はベース ボリュームの20%です。一般的には、ストレージ オブジェクトのリザーブ容量がフルに近付いているという警告が表示されたときに、リザーブ容量を拡張します。

開始する前に

タスク概要

次のストレージ オブジェクトの場合、リザーブ容量は8GiB単位でのみ拡張できます。

プライマリ ボリュームで多数の変更が見込まれる場合や、特定のコピー サービス処理のライフサイクルが非常に長くなる場合は、リザーブ容量の割合を高くします。

注: 読み取り専用のSnapshotボリュームについては、リザーブ容量を増やすことはできません。リザーブ容量が必要なのは、読み取り / 書き込みのSnapshotボリュームだけです。

手順

  1. [ストレージ] > [プールとボリューム グループ]を選択します。
  2. [リザーブ容量]タブを選択します。
  3. リザーブ容量を拡張するストレージ オブジェクトを選択し、[容量の拡張]をクリックします。
    [リザーブ容量の拡張]ダイアログ ボックスが表示されます。
  4. スピン ボックスを使用して容量の割合を調整します。

    選択したストレージ オブジェクトが含まれているプールまたはボリューム グループ上に空き容量が存在せず、ストレージ アレイに未割り当ての容量がある場合は、新しいプールまたはボリューム グループを作成できます。その後、そのプールまたはボリューム グループ上の新しい空き容量を使用して、この処理を再試行できます。

  5. [拡張]をクリックします。

タスクの結果

System Managerは次の処理を実行します。