ドライブの使用停止

指示があった場合は、ドライブを手動で使用停止できます。

タスク概要

System Managerは、ストレージ アレイ内のドライブを監視します。あるドライブが多数のエラーを生成していることを検出すると、近いうちにドライブ障害が発生する可能性があることがRecovery Guruから通知されます。この状況が発生し、交換用ドライブがある場合は、ドライブを使用停止して予防的措置を講じることができます。交換用ドライブがない場合は、ドライブが自動的に障害状態になるまで待つことができます。

注意: データ アクセスが失われる可能性 – この処理を行うと、データやデータの冗長性が失われる可能性があります。この処理は、テクニカル サポートまたはRecovery Guruから指示があった場合にのみ実行してください。

手順

  1. [ハードウェア]を選択します。
  2. 図にコントローラが表示された場合は、[シェルフ前面を表示]をクリックします。
    図の表示が切り替わり、コントローラではなくドライブが表示されます。
  3. 使用停止するドライブをクリックします。
    ドライブのコンテキスト メニューが表示されます。
  4. [使用停止]を選択します。
  5. [使用停止前にドライブの内容をコピーする]チェック ボックスをオンのままにします。

    コピー オプションは、割り当て済みのドライブおよびRAID 0以外のボリューム グループにのみ表示されます。

    ドライブを使用停止する前に、ドライブの内容をコピーしてください。設定によっては、ドライブの内容を最初にコピーしておかないと、関連付けられたプールまたはボリューム グループ上のすべてのデータまたはデータの冗長性が失われる可能性があります。

    コピー オプションを使用すると、再構築よりも短時間でドライブをリカバリできるため、コピー中に別のドライブで障害が発生した場合のボリューム障害の可能性を低減できます。

  6. ドライブを使用停止することを確定します。
    ドライブを使用停止したら、30秒以上待ってから取り外します。