ホット スペアの割り当て

RAID 1、RAID 5、またはRAID 6のボリューム グループでは、データ保護を強化するために、ホット スペアをスタンバイ ドライブとして割り当てることができます。これらのボリューム グループのいずれかでドライブに障害が発生すると、障害が発生したドライブのデータがホット スペアに再構築されます。

開始する前に

タスク概要

このタスクでは、[ハードウェア]ページからホット スペアを手動で割り当てる方法について説明します。推奨される適用範囲は、ドライブ セットごとにホット スペア2つです。

注意:
ホット スペアは初期セットアップ ウィザードから割り当てることもできます。ホット スペアがすでに割り当てられているかどうかは、[ハードウェア]ページにピンクで表示されるドライブ ベイで確認できます。

手順

  1. [ハードウェア]を選択します。
  2. 図にコントローラが表示された場合は、[シェルフ前面を表示]をクリックします。
    図の表示が切り替わり、コントローラではなくドライブが表示されます。
  3. ホット スペアとして使用する未割り当てのドライブ(グレー表示)を選択します。
    ドライブのコンテキスト メニューが開きます。
  4. [ホット スペアの割り当て]を選択します。

    ドライブがセキュリティ有効な場合は、[ドライブの完全消去?] ダイアログ ボックスが表示されます。セキュリティ有効なドライブをホット スペアとして使用するには、まず「Secure Erase(完全消去)」処理を実行してドライブのすべてのデータを削除し、セキュリティ属性をリセットする必要があります。

    注意:
    データ損失の可能性 – 正しいドライブを選択していることを確認してください。[完全消去]処理の完了後にデータをリカバリすることはできません。

    ドライブがセキュリティ有効ではない場合は、[ホット スペア ドライブの割り当ての確認]ダイアログ ボックスが表示されます。

  5. ダイアログ ボックス内のテキストを確認し、処理を確定します。
    [ハードウェア]ページでピンクで表示されるドライブは、ホット スペアとして使用できる状態にあります。

タスクの結果

RAID 1、RAID 5、またはRAID 6のボリューム グループ内のドライブに障害が発生した場合、自動的に冗長性データを使用して、データは障害ドライブからホット スペアへ再構築されます。