ホスト接続のレポートの設定

ホスト接続のレポートを有効にすると、コントローラと設定済みのホスト間の接続をストレージ アレイで常時監視して、接続が中断された場合に通知されるようにすることができます。この機能はデフォルトで有効になっています。

タスク概要

ホスト接続のレポートを無効にすると、接続またはストレージ アレイに接続されているホストに関するマルチパス ドライバの問題がシステムによって監視されなくなります。
重要: また、コントローラのリソース利用率を監視してバランスを調整する自動ロード バランシングも無効になります。

手順

  1. [設定] > [システム]を選択します。
  2. [その他の設定]まで下にスクロールして[ホスト接続レポートの有効化 / 無効化]をクリックします。
    この機能が現在有効か無効かを示すテキストがこのオプションの下に表示されます。
    確認ダイアログが開きます。
  3. [はい]をクリックして処理を続行します。
    このオプションを選択すると、機能の有効と無効を切り替えることができます。