ワークロードの作成

あらゆるタイプのアプリケーションのワークロードを作成できます。

タスク概要

ワークロードは、アプリケーションをサポートするストレージ オブジェクトです。アプリケーションごとにワークロード(インスタンス)を1つ以上定義できます。一部のアプリケーションについては、特性が似たボリュームで構成されるようにSystem Managerによってワークロードが設定されます。これらのボリューム特性は、ワークロードがサポートするアプリケーションのタイプに基づいて最適化されます。たとえば、Microsoft SQL Serverアプリケーションをサポートするワークロードを作成し、そのワークロード用のボリュームを作成すると、Microsoft SQL Serverをサポートするようにボリューム特性が最適化されます。

次のアプリケーション タイプにかぎり、System Managerから最適化されたボリューム構成が提示されます。

次のガイドラインに注意してください。
  • アプリケーション固有のワークロードを使用する場合、アプリケーション ワークロードのI/Oとアプリケーション インスタンスからの他のトラフィックの競合が最小限になるように最適化されたボリューム構成が提示されます。提示されたボリューム構成を確認し、[ボリュームの追加 / 編集]ダイアログ ボックスでシステム推奨のボリュームや特性を必要に応じて編集、追加、削除することができます。
  • 他のアプリケーション タイプを使用する場合は、[ボリュームの追加 / 編集]ダイアログ ボックスを使用してボリューム構成を手動で指定します。

手順

  1. [ストレージ] > [ボリューム]を選択します。
  2. [作成] > [ワークロード]を選択します。
    [アプリケーション ワークロードの作成]ダイアログ ボックスが表示されます。
  3. ワークロードを作成するアプリケーションのタイプをドロップダウン リストから選択し、ワークロードの名前を入力します。
  4. [作成]をクリックします。

終了後の操作

ワークロードを作成したら、そのワークロードにストレージ容量を追加できます。[ボリュームを作成]オプションを使用して、アプリケーション用のボリュームを1つ以上作成し、各ボリュームに特定の容量を割り当てます。