SSDキャッシュのすべての統計情報を表示するにはどうすればよいですか? また、何が表示されますか?

SSDキャッシュについては、一般統計と詳細統計を表示できます。一般統計は詳細統計のサブセットです。詳細統計は、すべてのSSD統計を.csvファイルにエクスポートした場合にのみ表示できます。統計を確認および解釈する際には、複数の統計を組み合わせることで見えてくる情報もあることに注意してください。

一般統計

SSDキャッシュ統計を表示するには、[ストレージ] > [プールとボリューム グループ]を選択します。統計を表示するSSDキャッシュを選択し、[さらに表示] > [統計の表示]を選択します。一般統計が[SSD キャッシュの統計を表示]ダイアログに表示されます。
注: EF600EF300 の場合 は、 EF600 または EF300 ストレージシステムでは使用できません。

次のリストは、詳細統計のサブセットである、一般統計の一覧です。

一般統計 説明
読み取り/書き込み SSDキャッシュが有効なボリュームに対するホストの読み取りと書き込みの合計数。

読み取り数を書き込み数と比較します。効率的なSSDキャッシュ処理には、読み取り数が書き込み数より多いことが必要です。書き込みに対する読み取りの比率が大きいほど、キャッシュ処理が向上します。

キャッシュ ヒット キャッシュ ヒットの数。
キャッシュ ヒット率(%) キャッシュ ヒット数を読み取りと書き込みの合計数で割った値。

効果的なSSDキャッシュ処理には、キャッシュ ヒットの割合が50%より高いことが必要です。この値が小さい場合は、次のような理由が考えられます。

  • 書き込みに対する読み取りの比率が小さすぎる
  • 読み取りが繰り返されない
  • キャッシュ容量が小さすぎる
キャッシュ割り当て率(%) 割り当てられているSSDキャッシュ ストレージの量。このコントローラで使用可能なSSDキャッシュ ストレージの割合として表されます。割り当てられているバイト数を使用可能なバイト数で割った値です。

キャッシュ割り当ての割合は、通常は100%と表示されます。この数値が100%未満の場合は、キャッシュがウォームアップされていないか、アクセスされているすべてのデータよりもSSDキャッシュ容量が大きいことを意味します。後者の場合、SSDキャッシュ容量を小さくしても同レベルのパフォーマンスが得られる場合があります。この値は、キャッシュされたデータがSSDキャッシュに配置されたことを示しているわけではなく、SSDキャッシュにデータを配置可能となる前の準備手順にすぎません。

キャッシュ使用率(%) 有効なボリュームのデータが格納されているSSDキャッシュ ストレージの量。割り当てられているSSDキャッシュ ストレージの割合として表されます。この値はSSDキャッシュの利用率または密度を表し、ユーザ データのバイト数を割り当てられているバイト数で割った値です。

キャッシュ利用率の割合は、通常は100%より小さく、多くの場合はるかに小さくなります。この数値は、SSDキャッシュ容量のうち、キャッシュ データが書き込まれている割合を示します。この数値が100%より小さい理由は、SSDキャッシュの各割り当て単位(SSDキャッシュ ブロック)はサブブロックと呼ばれる小さい単位に分割され、サブブロックにはある程度独立してデータが格納されるためです。この数値は大きいほうが一般的には良いものの、小さい数値でもパフォーマンスが著しく向上する場合があります。

詳細統計

詳細統計は、一般統計とその他の統計で構成されます。その他の統計は一般統計と一緒に保存されますが、一般統計と違って[SSD キャッシュの統計を表示]ダイアログには表示されません。詳細統計を確認するためには、統計を.csvファイルにエクスポートする必要があります。

.csvファイルでは、一般統計のあとに詳細統計が表示されます。
詳細統計 説明
読み取りブロック ホスト読み取りのブロック数。
書き込みブロック ホスト書き込みのブロック数。
完全ヒット ブロック キャッシュ ヒットのブロック数。

SSDキャッシュから完全に読み込まれたブロックの数を示します。SSDキャッシュがパフォーマンスの向上に効果があるのは、完全キャッシュ ヒットである処理に対してのみです。

部分ヒット すべてのブロックではなく、少なくとも1つのブロックがSSDキャッシュ内にあったホスト読み取りの数。部分ヒットはSSDキャッシュ ミスで、読み取りはベース ボリュームから行われています。
部分ヒット - ブロック [部分キャッシュ ヒット]のブロック数。

部分キャッシュ ヒットと部分キャッシュ ヒット ブロックは、SSDキャッシュ内にデータの一部しかない処理の結果として発生します。この場合、キャッシュされているハード ディスク ドライブ(HDD)ボリュームからデータを取得する必要があります。このタイプのヒットの場合、SSDキャッシュから得られるパフォーマンス上のメリットはありません。部分キャッシュ ヒット ブロック数が完全キャッシュ ヒット ブロック数より多い場合は、別のI/O特性タイプ(ファイルシステム、データベース、またはWebサーバ)を使用するとパフォーマンスが向上する可能性があります。SSDキャッシュのウォームアップ中は、[キャッシュ ヒット]と比較して[部分キャッシュ ヒット]や[キャッシュ ミス]の数が多くなることが想定されます。

ミス SSDキャッシュ内にブロックがなかったホスト読み取りの数。SSDキャッシュ ミスは、ベース ボリュームから読み取りが行われた場合に発生します。SSDキャッシュのウォームアップ中は、[キャッシュ ヒット]と比較して[部分キャッシュ ヒット]や[キャッシュ ミス]の数が多くなることが想定されます。
ミス - ブロック [キャッシュ ミス]のブロック数。
取り込み処理(ホスト読み取り) ベース ボリュームからSSDキャッシュへデータがコピーされたホスト読み取りの数。
取り込み処理(ホスト読み取り - ブロック [取り込み処理(ホスト読み取り)]のブロック数。
取り込み処理(ホスト書き込み) ベース ボリュームからSSDキャッシュへデータがコピーされたホスト書き込みの数。

書き込みI/O処理でキャッシュに書き込まないキャッシュ設定の場合、[取り込み処理(ホスト書き込み)]の数がゼロになることがあります。

取り込み処理(ホスト書き込み)- ブロック [取り込み処理(ホスト書き込み)]のブロック数。
無効化処理 データが無効化された、またはSSDキャッシュから削除された回数。キャッシュの無効化処理は、各ホスト書き込み要求、Forced Unit Access(FUA)によるホスト読み取り要求、確認要求、およびその他一部の状況で実行されます。
リサイクル処理 別のベース ボリュームや論理ブロック アドレス(LBA)範囲にSSDキャッシュ ブロックが再利用された回数。

効果的なキャッシュでは、再利用の回数は、読み取り処理と書き込み処理の合計数より少ない必要があります。[リサイクル処理]の回数が読み取りと書き込みの合計数に近い場合は、SSDキャッシュでスラッシングが発生しています。キャッシュ容量を増やす必要があります。または、ワークロードがSSDキャッシュの使用に適していません。

使用可能バイト数 SSDキャッシュ内でこのコントローラによって使用可能なバイト数。
割り当てバイト数 このコントローラによってSSDキャッシュから割り当てられたバイト数。SSDキャッシュから割り当てられたバイトは、空の場合と、ベース ボリュームのデータが含まれている場合があります。
ユーザ データ バイト数 SSDキャッシュ内の、ベース ボリュームのデータを含む割り当て済みバイト数。

使用可能なバイト数、割り当て済みバイト数、およびユーザ データのバイト数を使用して、キャッシュ割り当ての割合とキャッシュ利用率の割合が計算されます。