手順2:ボリュームのワークロードを選択する

Microsoft SQL Server、Microsoft Exchange、ビデオ監視アプリケーション、VMwareなど、特定のアプリケーション用のワークロードを選択してストレージ アレイの構成をカスタマイズします。このストレージ アレイで使用するアプリケーションがリストに表示されない場合は、[その他のアプリケーション]を選択します。

タスク概要

このタスクでは、既存のワークロード用のボリュームを作成する方法について説明します。

手順

  1. 次のいずれかを実行します。
    • 既存のワークロード用のボリュームを作成するには、[既存のワークロードのボリュームを作成する]オプションを選択します。
    • サポート対象のアプリケーションまたは[その他]のアプリケーション用に新しいワークロードを定義するには、[新しいワークロードを作成する]オプションを選択します。
      • ドロップダウン リストから、新しいワークロードを作成するアプリケーションの名前を選択します。

        このストレージ アレイで使用するアプリケーションがリストに表示されない場合は、いずれかの[その他]オプションを選択します。

      • 作成するワークロードの名前を入力します。
  2. [Next]をクリックします。
  3. ワークロードがサポート対象のアプリケーション タイプに関連付けられている場合は、要求された情報を入力します。それ以外の場合は、手順3:ボリュームを追加または編集するに進みます。