ストレージ アレイの概要

ストレージ アレイは、System Managerソフトウェアで管理されるストレージ エンティティです。ストレージ アレイは、物理コンポーネントと論理コンポーネントの両方の集合で構成されます。

物理コンポーネント

次の表では、ストレージ アレイの物理コンポーネントについて説明します。

コンポーネント 説明
コントローラ

コントローラは、ボード、ファームウェア、ソフトウェアで構成されます。ドライブを制御し、System Managerの機能を実装します。

シェルフ

シェルフは、キャビネットまたはラックに取り付けられるエンクロージャです。ストレージ アレイのハードウェア コンポーネントを収容します。シェルフには、コントローラ シェルフとドライブ シェルフの2種類があります。コントローラ シェルフは、コントローラとドライブを収容します。ドライブ シェルフは、入出力モジュール(IOM)とドライブを収容します。

注: 異なるタイプのメディアまたは異なるタイプのインターフェイスがストレージ アレイに含まれている場合は、ドライブのタイプごとにドライブ シェルフが表示されます。
ドライブ

ドライブは、データの物理ストレージ メディアとして使用される電磁的な機械デバイスです。

ホスト

ホストは、ストレージ アレイ上のボリュームにI/Oを送信するサーバです。

ホスト バス アダプタ(HBA)

ホスト バス アダプタ(HBA)はホストに設置されるボードで、1つ以上のホスト ポートが搭載されています。

ホスト ポート

ホスト ポートは、コントローラに物理的に接続されるホスト バス アダプタ(HBA)のポートで、I/O処理に使用されます。

管理クライアント

管理クライアントは、System Managerにアクセスするためのブラウザがインストールされたコンピュータです。

論理コンポーネント

ストレージ アレイ内のドライブは、データに対して物理ストレージ容量を提供します。System Managerを使用して、物理容量を複数の論理コンポーネント(プール、ボリューム グループ、ボリュームなど)に分散します。これらのコンポーネントは、ストレージ アレイ上のデータの設定、格納、メンテナンス、および保持に使用するツールです。次の表では、ストレージ アレイの論理コンポーネントについて説明します。

コンポーネント 説明
プール

プールは、論理的にグループ化されたドライブの集まりです。プールを使用して、ホストにアクセス可能な1つ以上のボリュームを作成することができます(ボリュームはプールまたはボリューム グループから作成します)。

ボリューム グループ

ボリューム グループは、同じ特性を持つボリュームのコンテナです。ボリューム グループごとに容量とRAIDレベルが定義されています。ボリューム グループを使用して、ホストにアクセス可能な1つ以上のボリュームを作成することができます(ボリュームはボリューム グループまたはプールから作成します)。

ボリューム

ボリュームは、アプリケーション、データベース、およびファイルシステムがデータを格納するコンテナです。ホストがストレージ アレイのストレージにアクセスするために作成される論理コンポーネントです。

論理ユニット番号(LUN)

論理ユニット番号(LUN)はホストがボリュームへのアクセスに使用する番号で、アドレス スペースに割り当てられます。ボリュームはLUNの形式でホストに容量として提示されます。

各ホストには独自のLUNアドレス スペースがあります。そのため、同じLUNを複数のホストで使用して、異なるボリュームにアクセスできます。