メール サーバとアラートの受信者の設定

Eメール アラートを設定するには、メール サーバ アドレスとアラート受信者のEメール アドレスを指定する必要があります。Eメール アドレスは20個まで指定できます。

開始する前に

タスク概要

このタスクでは、メール サーバを設定し、送信者と受信者のEメール アドレスを入力し、入力したすべてのEメール アドレスを[アラート]ページからテストする方法について説明します。
注: Eメール アラートは[初期セットアップ]ウィザードから設定することもできます。

手順

  1. [設定] > [アラート]を選択します。
  2. [E メール]タブを選択します。
    Eメール サーバがまだ設定されていない場合は、[E メール]タブに「Configure Mail Server」と表示されます。
  3. [メール サーバの設定]を選択します。
    [メール サーバの設定]ダイアログ ボックスが開きます。
  4. メール サーバの情報を入力し、[保存]をクリックします。
    • メール サーバのアドレス – メール サーバの完全修飾ドメイン名、IPv4アドレス、またはIPv6アドレスを入力します。
      注: 完全修飾ドメイン名を使用するには、両方のコントローラにDNSサーバを設定する必要があります。DNSサーバは[ハードウェア]ページで設定できます。
    • E メール送信者のアドレス – Eメールの送信者として使用する有効なEメール アドレスを入力します。このアドレスは、Eメール メッセージの「送信元」フィールドに表示されます。
    • E メールに連絡先情報を含める – アラート メッセージに送信元の連絡先情報を含める場合は、このオプションを選択して名前と電話番号を入力します。
    [保存]をクリックすると、[アラート]ページの[E メール]タブにEメール アドレスが表示されます。
  5. [E メールの追加]を選択します。
    [E メールの追加]ダイアログ ボックスが開きます。
  6. アラート受信者のEメール アドレスを1つ以上入力し、[追加]をクリックします。
    入力したEメール アドレスが[アラート]ページに表示されます。
  7. Eメール アドレスが有効であることを確認するには、[すべての E メールをテスト]をクリックして受信者にテスト メッセージを送信します。

タスクの結果

Eメール アラートを設定すると、アラート対象のイベントが発生するたびにイベント モニタから指定した受信者にEメール メッセージが送信されます。