管理ポートの設定

コントローラには、システム管理に使用されるイーサネット ポートが搭載されています。必要に応じて、このポートの送信パラメータとIPアドレスを変更できます。

タスク概要

この手順では、ポート1を選択し、速度およびアドレス指定方式を決定します。ポート1は、管理クライアントがコントローラとSystem Managerにアクセスできるネットワークに接続します。
注: どちらのコントローラでもポート2は使用しないでください。ポート2はテクニカル サポート用に予約されています。

手順

  1. [ハードウェア]を選択します。
  2. 図にドライブが表示された場合は、[シェルフ背面を表示]をクリックします。
    図の表示が切り替わり、ドライブではなくコントローラが表示されます。
  3. 管理ポートを設定するコントローラをクリックします。
    コントローラのコンテキスト メニューが表示されます。
  4. [管理ポートの設定]を選択します。
    [管理ポートの設定]ダイアログ ボックスが開きます。
  5. ポート1が表示されていることを確認し、[次へ]をクリックします。
  6. ポート設定を選択し、[次へ]をクリックします。
    [IPv4 を有効にする]を選択して[次へ]をクリックすると、IPv4設定を選択するためのダイアログ ボックスが開きます。[IPv6 を有効にする]を選択して[次へ]をクリックすると、IPv6設定を選択するためのダイアログ ボックスが開きます。両方のオプションを選択した場合は、IPv4設定のダイアログ ボックスが最初に開き、[次へ]をクリックするとIPv6設定のダイアログ ボックスが開きます。
  7. IPv4、IPv6、またはその両方を、自動または手動で設定します。
  8. [終了]をクリックします。

タスクの結果

コントローラ設定の[管理ポート]タブに、管理ポート設定が表示されます。