外部キー管理から内部キー管理への切り替え

ドライブ セキュリティの管理方法を外部キー サーバからストレージ アレイで使用される内部の方法に変更することができます。以前に外部キー管理用に定義されたセキュリティ キーが内部キー管理に使用されます。

開始する前に

外部キーが作成されている必要があります。

タスク概要

このタスクでは、外部キー管理を無効にして、新しいバックアップ コピーをローカル ホストにダウンロードします。既存のキーは引き続きドライブ セキュリティに使用されますが、ストレージ アレイで内部的に管理されます。

手順

  1. [設定] > [システム]を選択します。
  2. [セキュリティ キー管理]の下にある[外部キー管理の無効化]を選択します。
    [外部キー管理の無効化]ダイアログ ボックスが開きます。
  3. [パス フレーズを定義] / [パス フレーズを再入力]に、キーのバックアップのパス フレーズと確認用のパス フレーズを入力します。8~32文字で指定し、以下の文字をそれぞれ1文字以上含める必要があります。
    • 大文字のアルファベット(1文字以上)。パス フレーズでは大文字と小文字が区別されます。
    • 数字(1文字以上)。
    • 英数字以外の「!」、「*」、「@」などの文字(1文字以上)。
    注意:
    この値はあとで使用するため必ずメモしておいてください。セキュリティ有効ドライブをストレージ アレイから移動する必要がある場合、ドライブ データのロックを解除するために識別子とパス フレーズが必要になります。
  4. [無効化]をクリックします。
    バックアップ キーがローカル ホストにダウンロードされます。
  5. キーの識別子とパス フレーズ、およびダウンロードされたキー ファイルの場所を記録し、[閉じる]をクリックします。

タスクの結果

ドライブ セキュリティがストレージ アレイを使用して内部的に管理されるようになります。

終了後の操作