ミラー整合性グループの通信のテスト

通信リンクをテストして、ミラー整合性グループに関連付けられているローカル ストレージ アレイとリモート ストレージ アレイ間の通信に関する潜在的な問題を診断できます。

開始する前に

テスト対象のミラー整合性グループがローカル ストレージ アレイとリモート ストレージ アレイ上に存在する必要があります。

タスク概要

次の4つのテストを実行できます。

手順

  1. [ストレージ] > [非同期ミラーリング]を選択します。
  2. [ミラー整合性グループ]タブを選択し、テストするミラー整合性グループを選択します。
  3. [通信のテスト]を選択します。
    [通信のテスト]ダイアログ ボックスが表示されます。
  4. 選択したミラー整合性グループに関連付けられているローカル ストレージ アレイとリモート ストレージ アレイ間で実行する1つ以上の通信テストを選択し、[テスト]をクリックします。
  5. [結果]ウィンドウに表示される情報を確認します。
    通信テストのステータス 説明
    正常(エラーなし) ミラー整合性グループが正常に通信しています。
    合格(ただし、正常ではない) 発生している可能性のあるネットワークまたは接続の問題を確認してから、テストをやり直してください。
    不合格 エラーの理由が示されます。問題を修正するには、Recovery Guruを参照してください。
    ポートの接続エラー ローカル ストレージ アレイが接続されていない、またはリモート ストレージ アレイに接続できないことが原因である可能性があります。問題を修正するには、Recovery Guruを参照してください。

終了後の操作

通信テストが完了すると、このダイアログ ボックスに正常、パス、失敗のいずれかのステータスが表示されます。

通信テストから失敗ステータスが返された場合は、このダイアログ ボックスを閉じたあとで、ミラー整合性グループ間の通信が復旧するまでテストが続行されます。