冗長性チェックとは何ですか?

冗長性チェックでは、プールまたはボリューム グループ内のボリューム上のデータに整合性があるかどうかが判別されます。冗長性データは、プールまたはボリューム グループ内のいずれかのドライブで障害が発生した場合に、交換用ドライブに迅速に情報を再構築するために使用されます。

冗長性チェックは、一度に1つのプールまたはボリューム グループでしか実行できません。ボリュームの冗長性チェックでは、次の処理が実行されます。

注: 同じプールまたはボリューム グループですぐに冗長性チェックを実行すると、エラーが発生する場合があります。この問題を回避するためには、同じプールまたはボリューム グループで続けて冗長性チェックを実行する場合は、1~2分経ってから実行してください。