ボリューム コピー機能

ボリューム コピー機能では、同じストレージ アレイに2つのボリューム(ソース ボリュームとターゲット ボリューム)を作成することで、ボリュームのポイントインタイム コピーを作成できます。ターゲット ボリュームのデータがソース ボリュームのデータと同じになるように、ソース ボリュームからターゲット ボリュームに1バイトずつデータがコピーされます。

データ コピーによるアクセスの向上

ボリュームのストレージ要件が変わった場合、ボリューム コピー機能を使用して、小容量のドライブを使用するプールまたはボリューム グループから大容量のドライブを使用するプールまたはボリューム グループにデータをコピーすることができます。ボリューム コピー機能は、たとえば次のような場合に使用できます。

シン ボリュームからシック ボリュームへの変更

シン ボリュームをシック ボリュームに変更する場合は、ボリューム コピー処理を使用してシン ボリュームのコピーを作成します。ボリューム コピー処理のターゲットは常にシック ボリュームです。

注: SANtricity System Managerには、シン ボリュームを作成するオプションはありません。シン ボリュームを作成するにはコマンドライン インターフェイス(CLI)を使用します。

データのバックアップ

ボリューム コピー機能を使用すると、ボリュームのデータを同じストレージ アレイの別のボリュームにコピーすることでボリュームをバックアップできます。ターゲット ボリュームをソース ボリュームのバックアップとして使用することで、システム テストを実施したり、テープ ドライブなどの別のデバイスにバックアップしたりできます。

Snapshotボリュームからのベース ボリュームのデータのリストア

ベース ボリュームのデータを関連付けられたSnapshotボリュームのデータからリストアする必要がある場合は、ボリューム コピー機能を使用してSnapshotボリュームからベース ボリュームにデータをコピーできます。Snapshotボリューム上にボリューム データのコピーを作成し、そのデータをベース ボリュームにコピーできます。

ソース ボリュームとターゲット ボリューム

次の表に、ボリューム コピー機能でソース ボリュームおよびターゲット ボリュームとして使用できるボリュームのタイプを示します。

ボリューム タイプ オフライン ボリューム コピーのソース ボリューム オンライン ボリューム コピーのソース ボリューム オンラインとオフラインのターゲット ボリューム
プール内のシック ボリューム
ボリューム グループ内のシック ボリューム
シン ボリューム ×
Snapshotボリューム 1 × ×
Snapshotベース ボリューム × ×
リモート ミラー プライマリ ボリューム 2 ×

1Snapshotボリュームのコピーは、オンライン コピー処理が完了するまでは使用できません。

2ソース ボリュームがプライマリ ボリュームの場合、ターゲット ボリュームの容量はソース ボリュームの使用可能容量と同じかそれ以上である必要があります。