コントローラ キャッシュとは何ですか?

コントローラ キャッシュは、コントローラとホストの間、およびコントローラとディスクの間の2種類のI/O(入出力)処理をスムーズに行うための物理メモリ スペースです。

読み取りおよび書き込みのデータ転送では、ホストとコントローラは高速な接続を介して通信します。ところが、ディスクは比較的低速なデバイスであるため、コントローラのバックエンドからディスクへの通信は高速ではありません。

コントローラ キャッシュがデータを受信すると、コントローラはデータを保持していることをホスト アプリケーションに通知します。これにより、ホスト アプリケーションはI/Oがディスクに書き込まれるのを待たずに 処理を続行できます。また、サーバ アプリケーションはキャッシュされたデータにアクセスできるため、データにアクセスするためにディスクを読み取る必要がなくなります。

コントローラ キャッシュは、ストレージ アレイの全体的なパフォーマンスに次のように影響します。
注意: データが失われる可能性 – 保護のためのユニバーサル電源装置がない状況で[バッテリなしの 書き込みキャッシュ]オプションを有効にすると、データが失われる可能性があります。また、コントローラのバッテリがない状況で[バッテリなしの 書き込みキャッシュ]を有効にした場合にも、データが失われる可能性があります。