ソリッド ステート ディスク(SSD)

ソリッド ステート ディスク(SSD)は、ソリッド ステート メモリ(フラッシュ)を使用してデータを永続的に格納するデータ ストレージ デバイスです。SSDは従来のハード ドライブをエミュレートしたものであり、ハード ドライブと同じインターフェイスで利用できます。

SSDのメリット

ハード ドライブと比べたSSDのメリットは次のとおりです。

SSDの識別

[ハードウェア]ページのシェルフ前面ビューでSSDを特定できます。稲妻アイコン(SSDが設置されていることを示します)が表示されているドライブ ベイを探してください。

ボリューム グループ

ボリューム グループ内のドライブはすべて同じメディア タイプ(オールSSDまたはオール ハード ドライブ)である必要があります。ボリューム グループのメディア タイプやインターフェイス タイプを混在させないでください。

キャッシュ

コントローラの書き込みキャッシュは常にSSDに対して有効になります。書き込みキャッシュによってパフォーマンスが向上し、SSDの寿命が延びます。

コントローラ キャッシュに加えてSSDキャッシュ機能を実装することで、システム全体のパフォーマンスを向上できます。SSDキャッシュでは、データがボリュームからコピーされ、2個の内部RAIDボリューム(コントローラごとに1個)に格納されます。