ミラー ペア内のボリューム間でのロール変更

ミラー ペア内のボリューム間でロールを変更できます。ロール変更では、プライマリ ボリュームをセカンダリ ロールに降格するか、またはセカンダリ ボリュームをプライマリ ロールに昇格できます。

注: EF600EF300 の場合 は、 EF600 または EF300 ストレージシステムでは使用できません。

ロール変更処理に関する次の情報を確認してください。

強制的なロール変更

ローカル ストレージ アレイとリモート ストレージ アレイ間の通信の問題によってセカンダリ ボリュームの昇格またはプライマリ ボリュームの降格を実行できない場合は、ミラー ペア内のボリューム間で強制的にロールを変更できます。

セカンダリ側のボリュームを強制的にプライマリ ロールに移行できます。これで、新しく昇格されたボリュームにリカバリ ホストがアクセスできるようになり、業務を続行できます。

注: リモート ストレージ アレイが復旧して通信の問題が解決すると、「同期ミラーリング - プライマリ ボリュームが競合しています」状態が発生します。リカバリ手順にはボリュームの再同期が含まれます。Recovery Guruを使用してこのエラーを解決してください。

強制昇格が許可される場合と許可されない場合

次の状況では、ミラー ペア内のボリュームの強制昇格が許可されません。

Role-Change-In-Progress状態

ミラーリング構成内の2つのストレージ アレイの接続が切断されて、ミラー ペアのプライマリ ボリュームが強制的にセカンダリ ロールに降格され、ミラー ペアのセカンダリ ボリュームが強制的にプライマリ ロールに昇格されると、通信が復旧した場合に、両方のストレージ アレイのボリュームがRole-Change-In-Progress状態になります。

システムでは、変更ログを転送し、再同期を実行し、ミラー ペアを通常の動作状態に戻して、同期を続行することで、ロール変更プロセスを完了します。