アプリケーション固有のワークロードはストレージ アレイの管理にどのように役立ちますか?

アプリケーションは、SQL ServerやExchangeなどのソフトウェアです。アプリケーションごとに、サポートするワークロードを1つ以上定義します。一部のアプリケーションについては、ストレージを最適化する推奨されるボリューム構成がSystem Managerから自動的に提示されます。ボリューム構成には、I/Oタイプ、セグメント サイズ、コントローラ所有権、読み取りと書き込みのキャッシュなどが含まれます。

アプリケーション固有のワークロードのボリューム特性は、ワークロードがストレージ アレイのコンポーネントとやり取りする方法を決定し、特定の構成下での環境のパフォーマンスを判断するのに役立ちます。