ドライブを消去します

未割り当てのドライブを 1 つ以上消去して、別のボリュームグループ、プール、 SSD キャッシュ、または別のストレージアレイで再利用できます。この手順を実行すると、データが完全に削除され、データを読み直すことができなくなります。

開始する前に

ドライブは未割り当て状態である必要があります。

タスク概要

ドライブ上のすべてのデータを完全に削除する場合にのみ、 [ 消去 ] オプションを使用します。セキュリティ有効ドライブの場合、消去オプションは暗号化の消去を実行し、ドライブのセキュリティ属性をセキュリティ対応にリセットします。

注意:
データ損失の可能性 –消去操作を元に戻すことはできません。手順の実行中に正しいドライブを選択していることを確認してください。

手順

  1. [ハードウェア]を選択します。
  2. 図にコントローラが表示された場合は、[シェルフ前面を表示]をクリックします。
    図の表示が切り替わり、コントローラではなくドライブが表示されます。
  3. 必要に応じて、フィルタフィールドを使用して、シェルフ内の未割り当てのドライブをすべて表示できます。Show drives that are … ドロップダウンリストで 、 [ 未割り当て] を選択します。
    シェルフビューには未割り当てのドライブのみが表示され、それ以外はすべてグレー表示になります。
  4. 消去するドライブをクリックします。(複数のドライブを選択する場合は、ドライブの消去ダイアログボックスで選択できます)。
    ドライブのコンテキスト メニューが開きます。
  5. コンテキストメニューから 、 [ 消去( Erase ) ] を選択します。
    ドライブの消去ダイアログボックスが開き、消去処理に使用できるすべてのドライブが表示されます。
  6. 必要に応じて、表から追加のドライブを選択します。すべて のドライブを選択することはできません。一方のドライブが選択解除されたままになっている
    注意:
    データ損失の可能性- 正しいドライブを選択していることを確認してください。消去操作の完了後は、データを回復することはできません。
  7. と入力して操作を確定し erase、 [ 消去] をクリックします。
    注意:
    この処理を続行しますか? 次のダイアログで [ はい( Yes ) ] をクリックすると、操作を中止できません。
  8. [Estimated Completion time (予想完了時間) ] ダイアログボックスが開きます。[ はい ] をクリックして、消去操作を続行します。

タスクの結果

消去処理には数分または数時間かかることがあります。ステータス > は、 [ ホームビューオペレーション実行中 ] で確認できます。消去処理が完了すると、そのドライブは別のボリュームグループまたはディスクプール、あるいは別のストレージアレイで使用できるようになります。