ボリュームを同期的にミラーリングするためのワークフロー

次のワークフローを使用して同期ミラーリングを設定します。

注: EF600EF300 の場合 は、 EF600 または EF300 ストレージシステムでは使用できません。
  1. Unified Managerで初期設定を実行します。
    1. データ転送元としてローカル ストレージ アレイを選択します。
    2. ローカル ストレージ アレイからプライマリ ボリュームを選択します。
    3. データ転送先としてリモート ストレージ アレイを選択し、セカンダリ ボリュームを選択します。
    4. 同期と再同期の優先度を選択します。
    5. プライマリ ボリュームからセカンダリ ボリュームへの初回のデータ転送を開始します。ボリューム サイズによっては、この初回転送に数時間かかることがあります。
  2. 初期同期の進捗状況を確認します。
    1. Unified Managerで、ローカル アレイのSystem Managerを起動します。
    2. System Managerで、ミラーリング処理のステータスを確認します。ミラーリングが完了すると、ミラー ペアのステータスは「最適」になります。2つのアレイは、通常の処理を通じて同期を維持しようとします。新しいブロックと変更されたブロックだけがプライマリ ボリュームからセカンダリ ボリュームに転送されます。
  3. 必要に応じて、System Managerで同期設定を変更できます。
    注: 同期レプリケーションは継続的に行われるため、2つのサイト間のレプリケーション リンクで十分な帯域幅を提供する必要があります。